4月23日は地ビールの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

地ビールの日今日は何の日
4月23日の「今日は何の日?」は「地ビールの日」です。
また「地ビールの日」にちなんで「ビールの賞味期限」「ギネスブックはビール会社が作った」などビールにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



4月23日は地ビールの日

今回は「地ビールの日」について解説していきます!
なぜ4月23日が「地ビールの日」なのかというと、1516年4月23日にバイエルン国王ウィルヘルム4世が発布した「ビール純粋令」が由来となっています。

それまでは「ビール」というものが正確に定義されていませんでしたが、この「ビール純粋令」が発布されたことにより、水、ホップ、大麦・小麦の麦芽、酵母だけがビールの醸造に使用できることとなり、「ビール」というものが世界で初めて明確に定義されることとなりました。
日本だけではなくドイツでも4月23日を「ビールの日」としているそうです。

日本の「地ビールの日」は日本地ビール協会を中心とする「地ビールの日選考委員会」によって1999年に制定されました。
日本の大人の喉を潤して楽しいひと時を与えてくれるビール、4月23日には「地ビールの日」という事を機会にしていつもよりちょっと高めのビールを楽しんでみるのもいいかもしれませんね!

スポンサーリンク



ビールの雑学

今回は「地ビールの日」にちなんで「ビールの雑学」を紹介します。

ビールの賞味期限

普段あまり意識する事はあまりないと思いますが、実はビールにもちゃんと賞味期限が存在しています。
種類にもよりますがビールの賞味期限は約9ヶ月となっています。

半年ぐらいはほとんど味も変わらずに品質が良い状態でビールを楽しむことができますが、それ以降は味が変化してしまったり、炭酸が抜けてしまったり、味が劣化していきます。
更に保存方法を間違えてしまうと半年ももたずに、場合によっては2~3日で味が劣化してしまいます。

ビールの保存に適しているのは冷蔵庫などの冷暗所となります。
逆にビールの保存場所として1番選んではいけない場所は直射日光の当たる場所になります。

ビールは直射日光を浴びることによって「日光臭」という嫌な臭いを発生させてしまいます。
賞味期限が9ヶ月だったとしても、日光の当たる場所に置いていた場合は3日も味が持たないので注意が必要です。

ギネスブックはビール会社が作った

様々な世界記録が紹介されているギネスブックですが、実はビール会社によって作られたものだって知っていましたか?
そもそもなぜ「ギネスブック」という名前になったのかというと、ギネスビール社によって作られたものだからなんですね!

ギネスビール社のとあるお酒の席で社長も同席している時に「最も速く飛ぶ鳥は何か」という話題で盛り上がったところ、「それじゃあ世界記録を集めた本を作ろう!」と社長が思いついた事をきっかけにしてギネスブックが誕生したのでした。
お酒の席ではいろいろな話題で盛り上がりますが、ギネスブックはそんなお酒の席の話題から誕生した本なのです。

ビールを飲みながらこの雑学を紹介すると、またその話題で盛り上がれるかもしれませんね。
以上がビールの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月23日)
子ども読書の日
地ビールの日
シジミの日

■明日は何の日?(4月24日)
植物学の日
日本ダービー記念日

■昨日は何の日?(4月22日)
アースデイ(地球の日)
よい夫婦の日
カーペンターズの日

スポンサーリンク



フォローする