4月24日は植物学の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

植物学の日今日は何の日
4月24日の「今日は何の日?」は「植物学の日」です。
また「植物学の日」にちなんで「エーデルワイスは母国では嫌われている」「ゴボウの花言葉が面白い」など植物にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



4月24日は植物学の日

今回は「植物学の日」について解説していきます!
なぜ4月24日が「植物学の日」なのかというと、文久2(1862)年旧暦4月24日に植物分類学者である牧野富太郎が高知県佐川町の豪商の家に生まれた事が由来となっています。

牧野富太郎は94歳でこの世を去るまでの生涯を植物研究に費やして、新種・変種約2500種を発見・命名し、現在でも「植物学の父」と呼ばれています。
学歴こそは小学校を2年の時に中退していますが、その後も独学でひたすら植物学の研究を続けた結果、50歳の時には東京帝国大学理科大学で講師を務めています。

65歳になったころには理学博士の学位も取得しており、牧野富太郎が亡くなったあとにはなりますが文化勲章も授与しています。
幼いころから植物の研究に没頭してその分野が大好きだったことから、自分の事を「草木の精」と名乗っていました。

牧野富太郎が残した「牧野日本植物図鑑」は現在でも植物研究者に親しまれているそうです。

スポンサーリンク



植物の雑学

今回は「植物学の日」にちなんで「植物の雑学」を紹介します。

エーデルワイスは母国では嫌われている

おそらく日本国民であれば1度は聞いたことのある「エーデルワイス」という曲。
エーデルワイスはアルプス山脈に生えている高山植物で、その白い色がとてもきれいな白であることが印象的な花ですよね!

「エーデルワイス」という曲はもともとはオーストリアの愛国心を歌った曲なんですが、実は肝心のオーストリアの国民には嫌われている歌なんです。
エーデルワイスを国花としているオーストリアですが、なぜかエーデルワイスという曲は受け入れられていないんですね。

これはオーストリアが当時のナチスのオーストリア併合を素直に受け入れて、ナチスに協力してしまったオーストリア国民の後ろめたさが原因となっているそうです。
エーデルワイスはナチスに侵略されたオーストリア国民の愛国心を、国花であるエーデルワイスに託して歌う歌なのですが、歴史上の事実と歌詞の内容が乖離しているため、受け入れられないのも無理はないのかもしれません。

以上のことからエーデルワイスという曲はオーストリアでは受け入れられず、むしろ日本での認知度の方が高いのでした。

ゴボウの面白い花言葉

皆さんのお家の食卓にもたまに並ぶであろう「ゴボウ」ですが、実はゴボウにも面白い花言葉があるって知っていましたか?
ゴボウの花言葉は「しつこくせがむ」「私をいじめないで」「私にさわらないで」「用心」となります。

ゴボウって花のイメージがあまりないかもしれませんが、ちゃんと花を咲かせますし「私をいじめないで」といった面白い花言葉を持っています。
またゴボウは漢字で「牛蒡」と書きますが、これにも由来があります。

ゴボウの見た目って何かに似ていると思いませんか?
それは牛のしっぽです。

ゴボウから生えている根っこがふさふさしていて、牛のしっぽに似ていることから「牛蒡」という名前になったそうです。
以上が植物の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月24日)
植物学の日
日本ダービー記念日

■明日は何の日?(4月25日)
拾得物の日
カレーラーメンの日

■昨日は何の日?(4月23日)
子ども読書の日
地ビールの日
シジミの日

スポンサーリンク



フォローする