4月27日は世界生命の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

世界生命の日今日は何の日
4月27日の「今日は何の日?」は「世界生命の日」です。
また「世界生命の日」にちなんで「赤ちゃんは大人より骨の数が多い」「赤ちゃんの産声の音階は世界共通」など赤ちゃんにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

4月27日は世界生命の日

今回は「世界生命の日」について解説していきます!
なぜ4月27日が「世界生命の日」なのかというと、1991年4月27日に「胎児の人権宣言」が採択された事が由来になっています。

「胎児の人権宣言」は国際生命尊重会議によって採択されました。
国際生命尊重会議は1991年4月25日~4月27日までの3日間に渡って日本の上智大学で開催されました。

この会議によって世界で初めて胎児にも人権があることが宣言されたんですね!
学生のころに保健や道徳の授業で習ったかもしれませんが、例え生まれていない胎児であってもそこに生命があるのには変わりないんですよね。

現在は昔に比べればはるかに医療が発展しているため、妊娠中絶のリスクが低くなった結果、安易に中絶してしまう人もいますよね。
しかし、自分の身体、またはパートナーの身体に新たな生命が宿っていること、そしてその生命が失われてしまうのかは自分の手にかかっていること、今一度生命について考え直してみる事が必要だと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんの雑学

今回は「世界生命の日」にちなんで「赤ちゃんの雑学」を紹介します。

赤ちゃんの骨の数は大人よりも多い

赤ちゃんって身体がまだ小さいこともあり、これから成長していくことを考えると大人よりも骨の数が少なそうに感じますが、実は大人よりも赤ちゃんの方がかなり骨の数が多いんです。
大人が206個の骨で骨格が形成されているのに対して、赤ちゃんの骨は300個以上もあります。

なぜこれだけ赤ちゃんの骨の数が多いのかというと、赤ちゃんは大人に比べて成長スピードが速いため、その成長に備えて骨の端が軟骨で分離しているからなんです。
これから成長していく身体なのに骨の数が少ないと成長できる余地も少なくなってしまいますよね。

300個以上ある骨は成長するのにしたがってやがて結合していき、最終的には大人と同じ骨の数となります。

赤ちゃんの産声の音階は世界共通

赤ちゃんが生まれてきた時に上げる声が産声。
実はこの産声は世界共通で、どの人種でも同じ音階で声を産声をあげているって知っていましたか?

周波数は「440Hz」となり、これは音階にすると「ラ」となります。
確かにテレビなどで赤ちゃんの産声を聞く機会ってありますが、声の低い赤ちゃんや声の高い赤ちゃんってあまり聞いたことがないですよね。

蒙古斑はアジア人に多い

赤ちゃんの特徴にあげられるのがお尻にできる蒙古斑ですよね。
この青あざのように見える蒙古斑ですが、実は人種によって蒙古斑が発生する確率は違うんです。

アジア人の赤ちゃんは約90%とかなり高確率で蒙古斑が発生しますが、ヒスパニック系の人種では約40%白人にいたっては約10%しか蒙古斑が発生しないそうです。
このことから、蒙古斑についての知識が外国人は乏しく、お尻を叩いて虐待しているんではないか、と勘違いされてしまうこともあるようです。

ちなみに、黒人の赤ちゃんについても蒙古斑は発生するようですが、その皮膚の色から見分けることが難しいようです。
以上が赤ちゃんの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月27日)
世界生命の日
婦人警官の日
哲学の日
ロープデー

■明日は何の日?(4月28日)
サンフランシスコ講和記念日
海外ドラマの日
洗車の日

■昨日は何の日?(4月26日)
よい風呂の日
オンライン麻雀の日

スポンサーリンク

フォローする