5月2日は緑茶の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

緑茶の日今日は何の日
5月2日の「今日は何の日?」は「緑茶の日」です。
また「緑茶の日」にちなんで「美味しい緑茶の見分け方」「茶柱が立つと縁起が良い理由」など緑茶にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

5月2日は緑茶の日

今回は「緑茶の日」について解説していきます!
なぜ5月2日が「緑茶の日」なのかというと、この時期が八十八夜にあたるため茶摘みの最盛期であることが由来となっています。

八十八夜については立春から数えて八十八日目にあたるため、その年によって日付が変わります。
そのため、緑茶の日については八十八夜が別日であったとしても5月2日に固定しています。

この「緑茶の日」については日本茶業中央会によって制定されました。
茶摘みの最盛期ということで、この時期に摘まれるお茶は新茶であってとても美味しそうですよね。

昔はこの時期に積まれる新茶の事を不老長寿のお茶として縁起物としていたそうです。
冷たいお茶も暖かいお茶もいろいろな食事にとてもよく会いますし、日本の食生活には欠かせない飲み物ですよね。

「緑茶の日」にはいつも飲んでいるお茶よりも少し高めのお茶を買って楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

緑茶の雑学

今回は「緑茶の日」にちなんで「緑茶の雑学」を紹介します。

美味しい新茶の見分け方

美味しい新茶の見分け方を紹介します。
新茶の中でも特に品質の高いものについては淹れたお茶の水面に埃のようなものが浮いています。

埃のようなものと呼ぶと聞こえは悪く、実際に淹れたお茶に埃が入っているなどのクレームで返品される事もあるそうですが、実はこれは大きな間違いです。
品質の高い新茶には「毛茸(もうじ)」と呼ばれる細かな産毛が生えています。

これは新芽が柔らかい状態の短い期間だけに生えているものなので、水面にこの「毛茸(もうじ)」が浮いている場合は品質の高い美味しいお茶だと判断することができます。
意外と知られておらず水面に埃のように浮かんでいたら不快に思われる人もいると思いますので、あらかじめ説明しておいたほうが良いかもしれませんね。

また、もしも新茶を飲む機会がありましたら水面に「毛茸(もうじ)」が浮いているかどうかをぜひ確認してみてくださいね。

茶柱の立ったお茶の縁起が良い理由

最近は見かけなくなりましたが、お茶に茶柱が経っていると縁起が良いとされていますよね。
しかし、茶柱が経っているから縁起が良いとされる理由ってあまり知られていませんよね。

茶柱は実は茶葉の茎の部分であり、茶葉を粉砕する作業の工程でもちろん茎の部分も粉砕されて細かくなってしまいます。
粉砕されずに茎が残ることは珍しいですし、ましてや急須でお茶を淹れる際にその網の目を通過する事もとても珍しいことです。

ここまででもかなり確率が低いことが続いていますが、注がれたお茶の中でさらに茶柱が立っている状態になる事もかなり珍しいことです。
このようになかなか起こり得ないことのため、茶柱が立っている場合は吉兆だとされるようになったのです。

また、柱といえば家を支えるのに重要な資材であり、また、一家の主を大黒柱と表現することから、柱が立つことは家屋や一家が安定することを連想するため、縁起が良いともされています。
以上が緑茶の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(5月2日)
八十八夜
緑茶の日
郵便貯金の日
交通広告の日

■明日は何の日?(5月3日)
憲法記念日
ゴミの日

■昨日は何の日?(5月1日)
メーデー
日本赤十字社創立記念日
扇の日

スポンサーリンク

フォローする