5月2日は郵便貯金の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

郵便貯金の日今日は何の日
5月2日の「今日は何の日?」は「郵便貯金の日」です。
また「郵便貯金の日」にちなんで「郵便貯金には時効がある」「ゆうちょはインターネット利用が可能」など郵便貯金にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



5月2日は郵便貯金の日

今回は「郵便貯金の日」について解説していきます!
なぜ5月2日が「郵便貯金の日」なのかというと、1875年5月2日に東京府下の郵便局と横浜郵便局で郵便貯金の業務を開始したことが由来となっています。

郵政省(現在の日本郵政)によって1950年に制定されました。
銀行といえば日本の中央銀行である日本銀行を想像される方も多いかもしれませんね。

しかし、日本銀行の役割としては政府の銀行としての役割や、銀行の銀行であるため個人の口座を作る事はできません。
そんな日本の中枢の銀行である日本銀行ですが、実は日本銀行の業務が開始されたのは1882年のことであって、郵便貯金の業務開始よりも7年も遅いのです。

郵便貯金がここまで古くから存在していたとは驚きですよね。
1875年に誕生した郵便貯金はその後着々と利用者を増やしていき、1908年には貯金現残高が1億円に達成するまでに成長していきました。

スポンサーリンク



郵便貯金の雑学

今回は「郵便貯金の日」にちなんで「郵便貯金の雑学」を紹介します。

郵便貯金には時効がある

筆者も郵便貯金を利用していますしとても便利なものですが、郵便貯金を利用するのに注意しておかなければならないことがあるんです。
それは、郵便貯金には時効が存在しているということです。

時効になってしまうとどうなるの?と思われる人も多いかと思いますが、どれだけのお金を貯金していようが関係なく国庫に没収されてしまい、自分の手元には一銭も残らなくなってしまいます。
何かあった時のためにとっておいたお金が全部無くなってしまうのは悲しいですよね。

時効になる条件は平成19年9月30日以前に貯金してから20年2ケ月の間に1度もゆうちょを利用しないことです。
最後にゆうちょを利用してから10年経過した際に通知が届き、更にその10年後に最後の通知が届きます。

それでも何もゆうちょの利用をしなかった場合にはその2ヶ月後に時効となり貯金が全て没収となります。
このようなことが起こらないようにぜひとも注意しておきたいところですね。

ゆうちょはインターネット利用が可能

時効の話はしましたが普段から利用していれば時効なんてことはまず起こり得ないですよね。
現在はゆうちょはインターネットからも送金や各種料金の支払い、残高確認などの利用ができるようになりました。

ゆうちょの「インターネットホームサービス」と呼ばれるものになります。
登録する方法はインターネットホームサービスから自分の情報を登録するだけなので手間もあまり掛かりません。

家から出ないでもゆうちょを利用できるなんてとてもいいサービスですよね!
以上が郵便貯金の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(5月2日)
八十八夜
緑茶の日
郵便貯金の日
交通広告の日

■明日は何の日?(5月3日)
憲法記念日
ゴミの日

■昨日は何の日?(5月1日)
メーデー
日本赤十字社創立記念日
扇の日

スポンサーリンク



フォローする