5月3日はゴミの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ゴミの日今日は何の日
5月3日の「今日は何の日?」は「ゴミの日」です。
また「ゴミの日」にちなんで「ペットボトルはリサイクルすると逆にお金がかかる」「リサイクルは江戸時代から行われていた」などゴミにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

5月3日はゴミの日

今回は「ゴミの日」について解説していきます!
なぜ5月3日が「ゴミの日」なのかというと、「ご(5)み(3)」という語呂合わせが由来となっています。

「ゴミの日」についてはあらゆる手段で調べてみましたが、語呂合わせの関係で「ゴミの日」とされている事以外は何の情報も見つかりませんでした。
何を目的として制定されたかも定かではなく、「ゴミの日」を制定した団体についても情報が無く、いつ頃から5月3日を「ゴミの日」としているのかもわかっていません。

5月3日の語呂合わせが「ゴミ」ということであまりにもわかりやすいことから、いつの間にか広がっていったものと思われます。
「ゴミの日」には「地球GOMI拾い大会」と呼ばれる大会が開催されるなど、全国各地でゴミ拾いに関連するイベントが行われています。

もしかすると皆さんの住んでいる地域についても「ゴミの日」にまつわるイベントが開催されているかもしれませんので、参加してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ゴミの雑学

今回は「ゴミの日」にちなんで「ゴミの雑学」を紹介します。

ペットボトルはリサイクルすると逆にお金がかかる

ペットボトルはゴミに捨てる際にはきちんと分別してリサイクルできるようにしていますよね。
しかし、ペットボトルをリサイクルすることによって環境には優しいかもしれませんが、金銭面や資源をかなり消費しているって知っていましたか?

実は新しいペットボトルを作る時に比べて、ペットボトルをリサイクルして使えるようにするのには2~5倍の石油を消費するというデータがあるそうです。
日本は石油が輸入に頼っていて石油を買うのにもお金がかかるため、これでは逆にお金がかかってしまいますよね。

更にペットボトルの回収にかかる費用はなんと600億円にもなるそうです。
この600億円というお金は税金から支払われているので、何とも損している気分になってしまいます。

環境のためとはいえあまりにもお金や資源を消費するのはかえってエコロジーとはいえないかもしれませんね。

リサイクルは江戸時代から行われていた

リサイクルという言葉自体が横文字のため、つい最近始まった文化のように思えますが、実は日本では江戸時代からリサイクルが行われていたって知っていますか?
江戸時代はとてもリサイクル活動が活発だったため、街中はとても奇麗だったそうです。

中世のヨーロッパではそこら中がゴミだらけであり、それが原因で疫病などが発生していたそうなので、江戸時代から街中が奇麗だった日本が誇らしく思えますよね。
現在でもリサイクルして作られた紙である「再生紙」がありますが、江戸時代にも「浅草紙」と呼ばれる再生紙がありました。

江戸の町には江戸中から様々なゴミが集められていて、分別を行った後に引き取る業者もありました。
集められた紙ゴミを利用して作られていたのが「浅草紙」であり、これは江戸の名産品とされていたそうです。

以上がゴミの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(5月3日)
憲法記念日
ゴミの日

■明日は何の日?(5月4日)
みどりの日
スターウォーズデー
ラムネの日
植物園の日

■昨日は何の日?(5月2日)
八十八夜
緑茶の日
郵便貯金の日
交通広告の日

スポンサーリンク

フォローする