5月7日は博士の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

博士の日今日は何の日
5月7日の「今日は何の日?」は「博士の日」です。

スポンサーリンク



5月7日は博士の日

今回は「博士の日」について解説していきます!
なぜ5月7日が「博士の日」なのかというと、1888年5月7日に植物学者の伊藤圭介・数学者の菊池大麓・物理学者の山川健次郎らに25人に日本初の博士号が授与されたことが由来となっています。

普通は論文を提出して認められる博士号ですが、このとき博士号を授与された25人は論文の提出による博士号ではなく、教育への貢献を評価されたもので、名誉博士的なものだったそうです。
論文による本格的な博士が生まれたのは、それから3年後のことでした。

更に当時は博士の更に上の学位があったのって知っていましたか?
その名も「大博士」というものです。

何とも安直なネーミングのようにも感じてしまいますが、そもそも大博士に該当する人物がいなかったため、1898年には廃止されることとなりました。
博士というととても偉い人のイメージがありますがまさにそのとおりで、博士になるためには大学で学士という称号を授与してから、修士課程を経て、さらに博士課程の修了し、専門的な知識を有したエキスパートのみがなれる狭き門なのです。

スポンサーリンク



アインシュタインの雑学

今回は「博士の日」にちなんで「アインシュタインの雑学」を紹介します。

ノーベル賞の賞金は離婚の慰謝料に使われた

相対性理論の基礎を築いたことで有名な科学者であるアインシュタインですが、実は女性にだらしなくそのことが原因で離婚をしています。
偉大な功績を残しているため、性格も聖人のような人である事を想像してしまいそうですが、皆さんが思っている以上に女性にだらしなかったそうです。

結婚して妻がいる間にも6人もの女性と不倫をしていたという話も残っています。
当然そんなアインシュタインを妻が許すことはなく離婚することになるのですが、アインシュタインが最初に離婚した妻には慰謝料が払うことができませんでした。

そこでアインシュタインは自分は将来確実にノーベル賞をとる科学者になるから、その賞金から慰謝料を払うと約束をするのです。
そしてなんと本当にノーベル賞を受賞して、実際に賞金は慰謝料として使われたのでした。

最初の妻はアインシュタインが天才である事は認めていたということなのでしょうか。

アインシュタインの脳と一般人の脳の違い

天才と呼ばれるアインシュタインですが、やはり一般人と比べても脳の構造が違っていたそうです。
なんとアインシュタインの脳はアインシュタインが亡くなって以来、解剖されてずっと研究されているのです。

研究した結果からアインシュタインの脳は右脳と左脳の間にあるミゾが浅いことがわかっています。
このミゾが浅いことによって、右脳と左脳の情報伝達が一般人よりも早くなるため、アインシュタインは頭の回転が速かったのではないかとされています。

また、脳って大きければ大きいほどたくさんの情報を処理できそうなイメージがありますが、アインシュタインの脳は一般人の平均と比べても軽いのです。
一般人の脳が1400グラムだったのに対して、アインシュタインの脳は1250グラムしかないそうです。

脳が大きいからといって天才だとは限らないんですね。
以上がアインシュタインの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(5月7日)
博士の日
コナモンの日

■明日は何の日?(5月8日)
ゴーヤの日
松の日
声の日

■昨日は何の日?(5月6日)
ゴムの日
迷路の日
コロッケの日

スポンサーリンク



フォローする