5月10日は地質の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

地質の日今日は何の日
5月10日の「今日は何の日?」は「地質の日」です。
また「地質の日」にちなんで「地層によって年代が判断できる理由」「エベレストは地層のズレで標高が大幅に変わった」など地層にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



5月10日は地質の日

今回は「地質の日」について解説していきます!
なぜ5月10日が「地質の日」なのかというと、1876年5月10日にアメリカの地質学者ライマンらが日本初の広域的な地質図「日本蝦夷地質要略之図」を作成したことが由来となっています。

また、1878年5月10日に地質の調査を扱う内務省地理局地質課が設置された事も由来となっています。
「地質の日」については地質関係の組織・学会によって2007年に制定されました。

「地質の日」は「地層、岩石、土壌などで構成される大地の性質である「地質」について、多くの人に理解を深めてもらう」という事を目的としています。
確かに普段から生活をしていて地質について考える機会って全くといっていいほどないですよね。

地質とまではいきませんが、学生のころの科学の授業で習う程度でしょうか。
5月10日の「地質の日」には講演会や野外観察会などのイベントが全国の博物館で開催されているそうなので、参加してみて地質について勉強してみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク



地層の雑学

今回は「地質の日」にちなんで「地層の雑学」を紹介します。

地層によって年代が判断できる理由は?

学生のころに理科の教科書などで地層の写真を見たことがありますか?
教科書には地層を見ることで、どの年代の地層なのかを判断することが出来ると書いてありましたが、そもそも何の根拠があって「○○年前の地層」などと言ってるのかが不思議ですよね。

実は岩石には放射性元祖というものが含まれていて、これを調べることによってその地層がどれぐらい前のものなのかが判断できるんです。
ウランやカリウムであったり、ストロンチウムといった放射性元素は、放射線を常に放出していて、時間が経過することによって別の元素に変わる性質を持っているのです。

これらの放射性元素がどの程度別の元素に変化しているかによって、例え何千年前のものであってもいつの年代の地層なのかが判断できるのです。

エベレストは地層のズレで標高が大幅に変わった

エベレストは地層がズレることによって大幅に標高が変わったという説があるのはご存じですか?
エベレストの標高は8848メートルとされていますが、大昔のエベレストの標高はこの倍近くにあたる15000メートルもあったのかもしれないのです。

エベレスト自体は約5000年前にインド大陸とアジア大陸がぶつかった影響により出現した山だとされていますが、この当時の標高が15000メートルであったとされているのです。
これが長い歴史の中で地層がだんだんとズレてくることによって標高が低くなっていき、現在の8848メートルという高さになったのです。

何千年もかけて山の標高が変わっていくのですから、私たちは生きていませんがまた千年後のエベレストの標高も今の高さとは違ったものになっている可能性がありますよね。
以上が地層の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(5月10日)
コットンの日
地質の日
ファイトの日

■明日は何の日?(5月11日)
鵜飼開きの日

■昨日は何の日?(5月9日)
アイスクリームの日
呼吸の日

スポンサーリンク



フォローする