5月10日はファイトの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ファイトの日今日は何の日
5月10日の「今日は何の日?」は「ファイトの日」です。
また「ファイトの日」にちなんで「栄養ドリンクとエナジードリンクの違い」「CMでは栄養ドリンクを飲んではいけない」など栄養ドリンクにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

5月10日はファイトの日

今回は「ファイトの日」について解説していきます!
なぜ5月10日が「ファイトの日」なのかというと、1962(昭和37)年に日本で初めてのドリンク剤「リポビタンD」が発売されたことが由来となっています。

リポビタンDは国内で1番有名な栄養ドリンクといっても過言ではないですよね。
「ファイト!一発!」といったCMが印象的で、体調が悪い時や眠たい時、徹夜で頑張りたい時など様々な場面で助けてくれるドリンクです。

2012年にはリポビタンDが発売されてから50周年を迎えたことから、製造発売元の大正製薬株式会社によって「ファイトの日」が制定されました。
この「ファイトの日」には「リポビタンDを飲んで疲労を回復し、元気になってもらおう」という願いが込められているそうです。

栄養ドリンクにはもちろん身体が元気になるような栄養素が含まれていますが、「栄養ドリンクを飲んだ」という事実で少し気持ちが強くなって頑張れたりしますよね。
ただし、肝臓に負担がかかってしまうそうなので、用法用量を守って飲むということが大事になります。

スポンサーリンク

栄養ドリンクの雑学

今回は「ファイトの日」にちなんで「栄養ドリンクの雑学」を紹介します。

栄養ドリンクとエナジードリンクの違い

今回の今日は何の日で紹介したリポビタンDは「栄養ドリンク」ですが、四の中にはモンスターエナジーやレッドブルといったいわゆる「エナジードリンク」と呼ばれるものがありますよね。
どちらも飲むと元気になるような飲み物ですが、具体的に何が違うのかを知っていますか?

栄養ドリンクについては「医学部外品」であって、生薬や漢方薬といった薬用成分が含まれており、肝細胞の再生を促進、肝臓の働きを助けるといった効果が期待されてます。
これに対してエナジードリンクは「清涼飲料水」に指定されているため、言ってしまえばジュースのようなものですね。

エナジードリンクについてもカフェインやアミノ酸、ビタミンなどが含まれていますが、栄養ドリンクのように薬用成分は含まれていないため、栄養ドリンクの方が圧倒的に栄養が豊富に含まれています。
エナジードリンクは炭酸飲料であり、カフェインなども含まれているため、眠気を覚まして気分をすっきりさせる意味合いで飲まれるものです。

そのため、栄養ドリンクのように「滋養強壮」や「栄養補給」といった効果をCMで謳うことができず、「翼を授ける」といった遠まわしの表現でCMをしているのです。

CMでは栄養ドリンクを飲んではいけない

実は栄養ドリンクのCMでは栄養ドリンクを実際に飲んではいけないって知っていましたか?
栄養ドリンクのCMで俳優さんなどが思いっきり栄養ドリンクに口をつけて飲んでいるように見えますが、これは飲んだふりであって実際には飲んでいないのです。

他の清涼飲料水や食べ物などは実際に口にする事が許されているのに、なぜ栄養ドリンクはダメなのでしょうか。
これは実は「薬事法」という法律によって禁止されているからなんですね。

確かに他の栄養ドリンク以外の飲み物は用法用量などが厳密に決まっているわけではなく、栄養ドリンクは1日1本までと決まっているので、何回もCMを撮り直していては身体を壊してしまう感じがしますよね。
以上が栄養ドリンクの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(5月10日)
コットンの日
地質の日
ファイトの日

■明日は何の日?(5月11日)
鵜飼開きの日

■昨日は何の日?(5月9日)
アイスクリームの日
呼吸の日

スポンサーリンク

フォローする