5月11日は鵜飼開きの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

鵜飼開きの日今日は何の日
5月11日の「今日は何の日?」は「鵜飼開きの日」です。
また「鵜飼開きの日」にちなんで「トリ目という言葉の由来となった鳥」「鳥が前後に首を動かしている理由」など鳥にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



5月11日は鵜飼開きの日

今回は「鵜飼開きの日」について解説していきます!
なぜ5月11日が「鵜飼開きの日」なのかというと、岐阜県長良川の鵜飼は5月11日から始まることが由来となっています。

鵜飼」と聞いてもあまりピンとくる人がいないかもしれませんね。
「鵜飼」とは日本では古くから伝わる漁の方法なんです。

漁師が夜に船を出して船上から松明の光でアユを引き寄せます。
そこで漁師が飼いならした鵜を操って集まってきたアユを獲る漁となっています。

鵜飼は5月11日に始まってからは満月の夜以外は10月15日まで毎日行われるそうです。
日本の古くから伝わる漁という事を説明しましたが、なんとその歴史は1300年にもなります。

昔は織田信長や徳川家康などの戦国武将や、松尾芭蕉やチャップリンなどにも鵜飼が愛されていました。
長良川の鵜匠については「宮内庁式部職鵜匠」という正式な職名があり、その技術は脈々と受け継がれているのです。

スポンサーリンク



鳥の雑学

今回は「鵜飼開きの日」にちなんで「鳥の雑学」を紹介します。

トリ目という言葉の由来となった鳥

皆さんは「トリ目」という言葉を聞いた事がありますか?
「トリ目」といえば、夜になった時に目が見えづらくなる現象を指す言葉ですよね。

しかし、鳥であっても人間であっても暗闇の中では目が見えづらくなるという点においては共通していますよね。
それにもかかわらず「トリ目」と呼ばれるのは、とある鳥が由来となっているからなのです。

その鳥とは「」のことです。
鶏といえば朝早くに「コケコッコー!」と鳴いて早起きし、夜は日が沈んでくるとすぐに寝てしまうのです。

以上のことから鶏は特に夜に目が効かないことで「トリ目」という言葉が誕生したとされています。
そもそも「トリ目」というと、鳥類全体が夜に目が見えてないように聞こえてしまいますが、むしろ夜の暗い時に人間よりも目が見えている鳥が多いのです。

特に夜行性の鳥はむしろ昼には巣穴で眠っていて夜に行動するので、人間よりもよっぽど目が見えています。

鳥が前後に首を動かしている理由

普段から鳥を見ていると特徴的な動きをしている鳥を見たことがありませんか?
それは「歩く時に首を前後に動かしている」といった動作ですよね。

カラスなどはこれに該当しませんが、鶏やハトなどはこの特徴的な歩き方をします。
これは周囲を見渡すためにあの動きをしているんですね。

鶏などの鳥は眼球を動かす事ができないため、人間のように眼球だけを動かして何かを追うことはできないのです。
この眼球を動かすことができないという欠点をカバーするために、首を前後に動かすといった特徴的な歩き方になっているのでした。

以上が鳥の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(5月11日)
鵜飼開きの日

■明日は何の日?(5月12日)
看護の日
海上保安の日
アセロラの日

■昨日は何の日?(5月10日)
コットンの日
地質の日
ファイトの日

スポンサーリンク



フォローする