5月14日は温度計の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

温度計の日今日は何の日
5月14日の「今日は何の日?」は「温度計の日」です。
また「温度計の日」にちなんで「温度計をうちわで煽いでも温度は変わらない」「温度計に中の赤い液体は何?」など温度計にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

5月14日は温度計の日

今回は「温度計の日」について解説していきます!
なぜ5月14日が「温度計の日」なのかというと、1686年5月14日が水銀温度計を発明し、華氏温度目盛り(°F)に名前を残すドイツの物理学者ファーレンハイトの誕生日であることが由来となっています。

しかし、5月14日という日付はユリウス暦によるもので、ファーレンハイトの生まれ育った地であるダンツィヒではグレゴリオ暦が採用されていたため、実際には5月24日になるようです。
華氏温度はあまり馴染みがないかものですが、塩化アンモニウムを寒剤として得られる当時人間が作り出せた最低温度を0度、人間の平均体温を96度としたものでした。

これを基準にして温度を図ると水が凍る温度は32度であり、水が沸騰する温度は212度となります。
華氏温度はファーレンハイトによって発表されたもので、現在でもアメリカやカナダ、イギリスで使われているそうです。

漢字で「華氏」と書くのは、中国語ではファーレンハイトを「華倫海」と書くため、これをもじって「華氏」と書かれるようになりました。

スポンサーリンク

温度計の雑学

今回は「温度計の日」にちなんで「温度計の雑学」を紹介します。

温度計をうちわで煽いでも温度は変わらない

皆さんは室内に温度計を設置していますか?
ペットなどを飼っていて室温の管理をしなければならない場合には必須のアイテムですよね。

温度計は温度計の周辺の気温を計っていることから、うちわなどで扇げば当然温度計の温度も下がると思われがちですが、実は温度計に表示される温度は変わらないって知っていましたか?
うちわを使うことによって確かに風は発生しますが、この風はあくまで室内にある空気を移動させただけであり、空気の温度が変化したわけではないので、温度計に表示されている温度も変化しないのです。

人間がうちわの風にあたると涼しさを感じるのは、皮膚の汗が冷やされて蒸発して、皮膚の温度が下がっているためです。

温度計に中の赤い液体は何?

温度を測定する際に温度計の中にある赤い液体が上下しますが、あの赤い液体の正体を知っていますか?
よく温度計の赤い液体には水銀が使われていて、水銀は命にもかかわる危険な物質だから注意が必要だと言われていますが、実は最近の温度計にはあまり水銀は使われていないんです。

理由はもちろん水銀が危険な物質であることと、値段も高価であるためです。
最近の赤い液体が使われているいわゆる液体温度計には、エチルアルコールと呼ばれるアルコールが使われています。

エチルアルコールは温度によって熱膨張するため、温度が高くなると赤い液体が膨張して液体がどんどん上部へと昇っていくのです。
また、エチルアルコールは赤色に着色することが容易なため、現在の液体温度計には重宝されているそうです。

以上が温度計の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(5月14日)
母の日
温度計の日
ゴールドデー

■明日は何の日?(5月15日)
沖縄復帰記念日
ヨーグルトの日
五・一五事件が起きた日

■昨日は何の日?(5月13日)
カクテルの日
メイストームデー

スポンサーリンク

フォローする