5月16日は旅の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

旅の日今日は何の日
5月16日の「今日は何の日?」は「旅の日」です。
また「旅の日」にちなんで「松尾芭蕉は忍者だった?」「松尾芭蕉は旅の途中でアルバイトをしていた」など松尾芭蕉にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

5月16日は旅の日

今回は「旅の日」について解説していきます!
なぜ5月16日が「旅の日」なのかというと、元禄2年3月27日(新暦1689年5月16日)に松尾芭蕉が「奥の細道」の旅へ旅立ったことが由来となっています。

「旅の日」については日本旅のペンクラブ(旅ペン)によって1988年に制定されました。
日本旅のペンクラブによると旅の日は「せわしない現代生活の中で「旅の心」を大切にし、旅のあり方を考え直す日。」としています。

日本旅のペンクラブという団体は旅を愛する作家などによって結成された団体であり、旅の文化の向上を目指すとともに、自然環境保護や地域活性化に向けて、様々な活動を行っている団体です。
社会人になってしまうとなかなか連休を取ることもできないので、旅行へ行く機会も少ないですよね。

もしも「旅の日」の付近に休みを作れたり、特に何もやる事がなくやりたい事も見つからないような学生の方がいたら、「旅の日」をきっかけにして小旅行に行ってみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

松尾芭蕉の雑学

今回は「旅の日」にちなんで「松尾芭蕉の雑学」を紹介します。

松尾芭蕉は忍者だった?

歌人として有名な松尾芭蕉ですが、実は松尾芭蕉は忍者だったという説があるのは知っていますか?
松尾芭蕉の出身地は伊賀忍者で有名な地である伊賀上野だとされています。

更に松尾芭蕉は歌人として全国各地をまわっていましたが、これが忍者としての諜報活動であり、全国各地をまわる事によってそれぞれの国の情報を集めていたともいわれています。
また、江戸時代当時では苗字を名乗っている人は位の高い人物であり、全国を旅する際に関所などを難なく通してもらえている事も考慮すると、何か大きな力が働いていたと思われてもおかしくはないですよね。

関所の検問を通過する際にも自分の職業を「俳諧師(はいかいし)」と名乗っていた事もあり、「徘徊師」だと勘違いされることがあったそうで、これも松尾芭蕉が忍者である疑いが濃くなる一つの要因だったようです。

松尾芭蕉は旅の途中でアルバイトをしていた

松尾芭蕉は「奥の細道」を書くために現在の東北地方や北陸地方を150日間かけて旅をしたとされています。
現代の旅行でも当然ながら150日間も旅行を続けるためには多額の旅費がかかってしまい、それは松尾芭蕉が旅をしていたころも同じでした。

松尾芭蕉は150日間もの旅を続けるために、旅先で旅費を稼ぐためにアルバイトをしていたとされています。
それではどんなアルバイトをしながら旅費を稼いでいたと思いますか?

歌人である松尾芭蕉はその自分の得意分野を生かして旅費を稼いでいたのです。
歌人の松尾芭蕉がしていたアルバイトとは「俳句の添削」でした。

俳句を教える講師として生徒に臨時的に俳句を教えることによって、なんとか生計をたてながら150日間の旅を乗り越えたのです。
以上が松尾芭蕉の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(5月16日)
旅の日

■明日は何の日?(5月17日)
高血圧の日
生命・きずなの日
お茶漬けの日

■昨日は何の日?(5月15日)
沖縄復帰記念日
ヨーグルトの日
五・一五事件が起きた日

スポンサーリンク

フォローする