5月17日は高血圧の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

高血圧の日今日は何の日
5月17日の「今日は何の日?」は「高血圧の日」です。
また「高血圧の日」にちなんで「血管が青く見える理由」「血が流れる速度は新幹線並に速い」など血液にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

5月17日は高血圧の日

今回は「高血圧の日」について解説していきます!
なぜ5月17日が「高血圧の日」なのかというと、2005年に世界高血圧連盟によって「世界高血圧デー」が制定された事が由来となっています。

日本では「世界高血圧デー」の制定にあわせて、2007年より5月17日を「高血圧の日」としています。
「高血圧の日」っていうネーミングの記念日はなんとなく怖い感じがしますよね。

ちなみに、日本の「高血圧の日」については日本高血圧学会によって制定されたもののようです。
高血圧は脳卒中や心臓病など、命にかかわるような病気を引き起こすきっかけにもなりかねないので、普段から健康診断などで自分の血圧が高いのか低いのか、常にチェックする事を心掛けておかなければいけませんよね。

高血圧による病気のリスクを少しでも下げるために、日本高血圧学会では普段から高血圧についての啓蒙活動を行っているそうです。
健康診断ぐらいでしか血圧のチェックってしないですよね。

「高血圧の日」にあわせて血圧測定も含めて健康診断を受診してみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

血液の雑学

今回は「高血圧の日」にちなんで「血液の雑学」を紹介します。

血管が青く見える理由

血液は赤いのに皮膚から透けて見えている血管が青いのって不思議に思った事はありませんか?
もちろん静脈内に流れている血液が青いわけでも血管自体が青いわけでもありません。

静脈を流れている血は動脈に比べて若干青みがかっているのが特徴です。
これは動脈を流れる血が酸素や栄養素を運んでいるのに対して、静脈の血は老廃物を多く含んでいるからです。

この静脈を流れる紫色のような少し青い血が光を通して見た場合に乱反射し、光が皮膚から人間の目に届いた時には青く見えているのです。
身体をぶつけた場合に青いアザが出来てしまう事がありますが、アザについても青い内出血を起こしているのではなく、皮膚を通して見た場合に光の乱反射などが影響して青く見えているだけなのでした。

血が流れる速度は新幹線並に速い

人間は全身に血液を届けるために身体の隅々まで血管が張りめぐらせてあります。
実は人間の身体を流れる血液の速度は新幹線並に速いって知っていましたか?

心臓から送り出された血液が体中を巡って再び心臓まで戻ってくるのには約25秒が必要となります。
もちろん心臓から送り出された血液が身体の全ての血管を通過しているわけではありませんが、血液が再び心臓まで戻ってくる速さを計算すると、なんと時速200kmを超えているのです。

そんな速度で血液が流れても決して傷つくことのない血管はとても丈夫ですよね。
ちなみに、心臓は一日で10トンの血液を送り出すことのできる性能を持っているそうです。

以上が血液の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(5月17日)
高血圧の日
生命・きずなの日
お茶漬けの日

■明日は何の日?(5月18日)
ファイバーの日
ベビーブームの日
ことばの日

■昨日は何の日?(5月16日)
旅の日

スポンサーリンク

フォローする