5月17日はお茶漬けの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

お茶漬けの日今日は何の日
5月17日の「今日は何の日?」は「お茶漬けの日」です。
また「お茶漬けの日」にちなんで「お茶漬けにあられが入っている理由」「永谷園のお茶漬けは味のよってあられの形が違う」などお茶漬けにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

5月17日はお茶漬けの日

今回は「お茶漬けの日」について解説していきます!
なぜ5月17日が「お茶漬けの日」なのかというと、5月17日が煎茶の創始者であり、永谷園創業者の先祖である永谷宗七郎氏の命日であることが由来となっています。

「お茶漬けの日」については永谷園によって2012年に制定された記念日のようです。
日本人であれば誰もが食べたことがある「お茶漬け」ですが、その中でも永谷園から発売されている「お茶づけ海苔」についてはお茶漬けの定番とも呼べますよね。

お茶漬けといえば永谷園のお茶漬けをイメージする人も多いのではないでしょうか?
そんな永谷園の「お茶づけ海苔」はなんと1952年に発売された商品であり、今だにCMでも宣伝されているロングセラー商品となります。

「お茶漬けの日」が2012年に制定されたのも、永谷園の「お茶づけ海苔」が発売されてから60周年記念を迎えたことが関係しているようです。
永谷園のお茶漬けなどの商品でお茶漬けを作らなくても、意外と簡単にお茶漬けを作ることはできますので、5月17日には自分でお茶漬けを作って食べてみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

お茶漬けの雑学

今回は「お茶漬けの日」にちなんで「お茶漬けの雑学」を紹介します。

お茶漬けにあられが入っている理由

市販のお茶漬けにはあられが入っている事が多いですよね。
お茶漬けはご飯がふやけてしまって食感が物足りなくなってしまいがちですが、あられが入ってる事によってサクサクな食感が加わり、お茶漬けをさらに美味しくしてくれていますよね!

しかし、実はあられはお茶漬けを美味しくするために入れられているものではないんです。
お茶漬けの素が開発された時にはお茶漬けの素を完全に密封できる袋を開発することが出来ず、時間が経過すると水分によってお茶漬けの素がふやけてしまいました。

ある時お茶漬けを美味しくしようとしてあられを入れたところ、お茶漬けの素がふやけずに乾燥しているのを発見しました。
この発見によってあられはお茶漬けを美味しくするためというよりは、お茶漬けの素を乾燥させた状態に保つための乾燥剤として入れられるようになったのでした。

永谷園のお茶漬けは味のよってあられの形が違う

普段から永谷園のお茶漬けを食べている人はご存じかもしれませんが、実は永谷園から発売されているお茶漬けは味によってあられの形が違うって知っていましたか?
筆者は最もポピュラーである古くから発売されている「海苔味」しか食べた事がなかったため、あられの形の違いには気づいていませんでした。

「海苔味」に入っているあられは細長い棒状の形をしていますよね?
しかし、実は「海苔味」以外のあられは丸い粒の形をしているのです。

「鮭」や「梅」といった味は海苔以外にも具材が入っているためふにゃふにゃの食感以外にもしっかりとした食感があります。
しかし、「海苔味」については海苔以外の具材が入っておらず、そこで食感を出すために細長い棒状のあられを入れていたのでした。

これが永谷園のお茶漬け海苔の美味しさの秘密だったというわけですね。
以上がお茶漬けの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(5月17日)
高血圧の日
生命・きずなの日
お茶漬けの日

■明日は何の日?(5月18日)
ファイバーの日
ベビーブームの日
ことばの日

■昨日は何の日?(5月16日)
旅の日

スポンサーリンク

フォローする