5月20日は成田空港開港記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

成田空港開港記念日今日は何の日
5月20日の「今日は何の日?」は「成田空港開港記念日」です。
また「成田空港開港記念日」にちなんで「空港と飛行場の違い」「空港の滑走路は実は真っ平らではない」など空港にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

5月20日は成田空港開港記念日

今回は「成田空港開港記念日」について解説していきます!
なぜ5月20日が「成田空港開港記念日」なのかというと、1978年5月20日に千葉県成田市に新東京国際空港(現 成田国際空港)が開港したことが由来となっています。

実は千葉県に空港を建設する話自体は1966年には閣議決定されていましたが、成田空港が開港されるまでには12年もの月日がかかりました。
それは地元の人によって協力な反対運動が行われていたからです。

なんと成田空港建設の反対運動では死者も出てしまったそうです。
建設が完了してからも当初の開港日の4日前に過激派ゲリラが突入して管制塔の機器が破壊され、開港が5月20日まで延期されることとなりました。

現在は当たり前のように使われている成田空港ですが、様々な出来事が起こった中ようやく開港に辿り着く事が出来たんですね。
開港式典についてももちろん機動隊の戒厳の中で行われたそうです。

スポンサーリンク

空港の雑学

今回は「成田空港開港記念日」にちなんで「空港の雑学」を紹介します。

空港と飛行場の違い

飛行機が離着陸する施設として「空港」や「飛行場」といったものがありますが、「空港」と「飛行場」に違いはあるのでしょうか。
空港といえば一般の人々が利用する公共施設であり、レストランやお土産屋といった設備が整っていて、ほかの場所へ移動するための交通手段などが用意されているものが前提となっています。

これは「航空法」「空港整備法」といった法律で定められているもので、以上の条件を満たしているものが「空港」と呼ばれるものになります。
飛行場については特に決まりが存在しているわけではなく、飛行機が離着陸するような施設が整っていれば「飛行場」となるようです。

つまり「空港」は公共施設であって、公共施設ではない飛行機の離着陸場が「飛行場」と呼ばれているわけですね。

空港の滑走路は実は真っ平らではない

空港の滑走路はどこまでも真っ平らが続いているものだと思われていますが、実は滑走路は真っ平らではないって知っていましたか?
どんな形をしているのかというと、滑走路の両端から中央に向かって少しだけ傾斜がついているのです。

自動車の免許を持っている人は知っているかと思いますが、雨の日に速度を出して運転すると、タイヤと地面の間に雨水が入り込んでしまい、ハイドロプレーニング現象というブレーキが効かなくなる状態が発生します。
飛行機についても例外ではなく、飛行機が離着陸する場合には200キロものスピードを出しているため、雨水がたまってしまうとハイドロプレーニング現象が発生します。

しかし、滑走路に傾斜をつけることによって滑走路の水はけをよくして水たまりができないように工夫されているため、ハイドロプレーニング現象が起きなくなるというわけですね。
以上が空港の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(5月20日)
東京港開港記念日
成田空港開港記念日
ローマ字の日

■明日は何の日?(5月21日)
小満
小学校の日
リンドバーグ翼の日
ニキビの日

■昨日は何の日?(5月19日)
ボクシングの日
セメントの日

スポンサーリンク

フォローする