6月1日は電波の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

電波の日今日は何の日
6月1日の「今日は何の日?」は「電波の日」です。
また「電波の日」にちなんで「電波時計はほとんど狂わない」「電源を落とさず携帯電話を圏外にする方法」など電波にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月1日は電波の日

今回は「電波の日」について解説していきます!
なぜ6月1日が「電波の日」なのかというと、1950年6月1日に電波三法(電波法・放送法・電波監理委員会設置法)が施行され電波が一般に開放されたことが由来となっています。

郵政省(現在の総務省)によって1951年に制定されました。
今となっては当たり前のようにラジオをいつでも聞けるようになっていましたが、電波三法が成立するまでは実は自由にラジオを聴くことはできなかったのです。

ラジオを聴くためには政府に許可をとって電波を受信する必要があったため、ラジオは民間人にはさっぱり定着していないものでした。
電波三法が成立したことによって電波が広く民間で使用されるようになり、また自由に聴くことができるようになったため、日本の電波の歴史はここから始まったといっても過言ではないでしょう。

普段はラジオを聴かないという人も、6月1日の「電波の日」にはラジオを聴いてみると今までにない面白い発見があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

電波の雑学

今回は「電波の日」にちなんで「電波の雑学」を紹介します。

電波時計はほとんど狂わない

様々な種類の時計が世界には存在していますが、その中でも電波を利用して時刻を調整している電波時計は最も精度が高いって知っていましたか?
電波時計は標準周波数局と呼ばれる施設から電波を受信することにより、いつでも正確な時間を表示できるようになっています。

日本にも標準周波数局が存在しており、この施設から標準時が標準電波として発信されています。
この標準時は原子時計と呼ばれる原始と分子の働きを利用した時計によって計算されているのですが、その誤差はなんと3000年が経過しても1秒ずれるぐらいの誤差だとされています。

そのため、標準電波を受信している電波時計についても人間が一生使用したとしても誤差はほんのわずかしか生まれないようになっています。
家の中にはありとあらゆる時計があると思いますが、それぞれの時間に誤差が出てしまっている場合には、電波時計を基準として時間を調整してあげると良いでしょう。

電源を落とさず携帯電話を圏外にする方法

一時期話題となった方法ではありますが、携帯電話の電源を落とさずに、また、機内モードといった方法を取らずに携帯電話を圏外にする方法があるんです。
それはアルミホイルで携帯電話を包み込むという方法です。

実際に今すぐ試してみたらわかるかと思いますが、アルミホイルで包みこんだ携帯電話に電話してみると、圏外となって電話がかからないことがわかります。
これはガラケーやスマートフォンなど関係なく圏外にすることが出来る方法となります。

こんな事を知っても何に使うんだという感じかもしれませんが、それが雑学なのでぜひこの雑学を友人と話す時のネタなどに使ってみてください。
以上が電波の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月1日)
写真の日
真珠の日
気象記念日
電波の日

■明日は何の日?(6月2日)
横浜港開港記念日
長崎港記念日
イタリアワインの日

■昨日は何の日?(5月31日)
古材の日
世界禁煙デー

スポンサーリンク

フォローする