6月4日は虫歯予防デー、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

虫歯予防デー今日は何の日
6月4日の「今日は何の日?」は「虫歯予防デー」です。
また「虫歯予防デー」にちなんで「虫歯による死亡例がある」「虫歯の虫の正体とは?」など虫歯にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月4日は虫歯予防デー

今回は「虫歯予防デー」について解説していきます!
なぜ6月4日が「虫歯予防デー」なのかというと、六(む)四(し)で「むし」という語呂合わせが由来となっています。

日本歯科医師会によって制定された記念日となります。
実はこの「虫歯予防デー」についてはかなり昔から制定されていたもので、1928年には存在していたそうです。

1928年から1938年までの間は「虫歯予防デー」として実施されていたそうですが、現在は6月4日から6月10日までの一週間を「歯の衛生週間」としています。
2001年にはあらためて記念日として制定され「虫歯予防の大切さを訴える」という事を目的としています。

虫歯は日本人の多くが悩まされているものであり、一度虫歯になってしまうと長い間の治療が必要となる事もあり、普段から予防はしておきたいですよね。
虫歯予防デーをきっかけとして、改めて虫歯対策について考え直してみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

虫歯の雑学

今回は「虫歯予防デー」にちなんで「虫歯の雑学」を紹介します。

虫歯による死亡例がある

虫歯の痛みは耐えがたく、治療にも時間がかかってしまうのでなるべく掛かりたくない病気ですよね。
歯の病気は重大でないと考えてしまう事から治療を後回しにしてしまいがちでもありますよね。

しかし、食事をする事も苦痛となってきて、頬の部分が腫れてきたり、最悪の場合は歯が溶けてしまって歯肉しか残らない場合もあります。
そして、なんと虫歯そのまま放っておくと最悪の場合はほかの病気も併発してしまい、命を落とすこともあり得るのです。

人間の鼻には副鼻腔(ふくびくう)と呼ばれる空洞があり、この鼻の空洞の中に虫歯の細菌が侵入することによって急性副鼻腔炎を併発することがあります。
しかも、虫歯による急性副鼻腔炎によって命を落とした人も存在しているそうです。

これは本当に稀な例となりますが、虫歯を放置していても何もいいことはありませんので、早めに治療することが懸命だといえるでしょう。

虫歯の虫の正体とは?

虫歯という病気には「虫」という漢字が使われていますが、実際には虫が歯に住みついているわけではありませんよね。
それではこの「虫」の正体が何かを知っていますか?

歯垢などをそのままにしてしまうと虫歯になってしまいますが、その虫歯の元である歯垢を顕微鏡で観察してみると何か小さなものが動き回っているのがわかります。
この動き回っているものは細菌であり、この細菌が虫歯の「虫」の正体なのです。

虫歯になると歯が溶けてしまったりしますが、これは細菌が活動した結果乳酸を出しているからなんです。
乳酸を出した結果、歯に穴が空いてしまってその中に細菌が侵入してまた歯を溶かしてしまうといった悪循環によって虫歯は進行していきます。

そのため、虫歯は放置してしまうと歯が完全に溶けてなくなってしまい、歯茎しか残らなくなってしまうので、そのような事態にならないようにちゃんと治療してくださいね。
以上が虫歯の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月4日)
虫歯予防デー
虫の日
蒸し料理の日

■明日は何の日?(6月5日)
芒種
ロゴマークの日
ろうご(老後)の日
環境の日

■昨日は何の日?(6月3日)
測量の日
ケロミンの日

スポンサーリンク

フォローする