6月7日はむち打ち治療の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

むち打ち治療の日今日は何の日
6月7日の「今日は何の日?」は「むち打ち治療の日」です。
また「むち打ち治療の日」にちなんで「全治と完治の違い」「傷口がかゆくなる理由」などケガにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月24日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月7日はむち打ち治療の日

今回は「むち打ち治療の日」について解説していきます!
なぜ6月7日が「むち打ち治療の日」なのかというと、「む(6)ちうちをな(7)おそう」という語呂合わせが由来となっています。

「むち打ち治療の日」については「むち打ち治療協会」という団体によって制定された記念日となります。
そもそも「むち打ち」って交通事故などで起こる怪我というイメージが強いですが、骨折などと違ってよくわからない怪我ですよね。

むち打ちといっても様々な分類が存在しており、首を鞭のようにしならせたことにより首を損傷し、その結果として起こる症状の総称をむち打ちと表現することが多いそうです。
むち打ちは首の痛みが代表的な症状となりますが、その他にも頭痛や吐き気、目まい、倦怠感、肩こり、腰痛など様々な症状があるようです。

むち打ちについては治療を受けても治らないと誤解している人も多いケガとなりますが、ちゃんと治療すれば症状が改善することがあるとされています。
そのため、むち打ちの治療を呼びかけることを目的として「むち打ち治療の日」が制定されることとなりました。

スポンサーリンク

ケガの雑学

今回は「むち打ち治療の日」にちなんで「ケガの雑学」を紹介します。

全治と完治の違い

ケガの具合を表す言葉として「全治」や「完治」といった言葉がありますよね。
しかし、全治や完治の定義って一般的にはあまり知られていませんよね。

まずは全治についてですが、全治については「病院に通院を続けて治療を続けなければいけない目安」の期間となります。
全治4週間といわれればその間に入院していたり、通院を続ける必要があるということになり、例え4週間がすぎて通院する必要がなくなった後でも今度はリハビリなどが必要となる場合があります。

続いて完治についてですが、完治は「日常生活に支障が出ないようになり、元通りに生活ができて健康となった状態」を指す言葉となります。
つまり、リハビリなども必要が無くなって、ケガをする前の状態に身体の状態が戻る事を意味します。

傷口がかゆくなる理由

おそらく人生の中で一度は擦り傷や切り傷を負ってしまう経験がありますよね。
少しの間はチクチクして痛みを感じますが、しかし痛みが収まってくると今度はかゆくてたまらなくなってしまいますよね。

傷口がかゆくてたまらなくて掻いてしまったがためにまた出血をしてしまい、傷の治癒が遅れてしまうなんと事もあります。
どうしてかゆみが発生してしまうのかというと、まずは皮膚は4層構造となっており、内側から脂肪、真皮、表皮、角層で構成されています。

皮膚を損傷すると当然人間の身体はそれを修復しようとするのですが、真皮を修復する際に刺激があり、この真皮にある知覚神経が「かゆみ」を感じさせているそうです。
最初は痛みを感じていても、痛みがひいてくるとその痛みは次はかゆみとして脳に伝えます。

それを察知した身体はマスト細胞と呼ばれる細胞が、かゆみの素とされているヒスタミンを放出するため、これが原因となって傷口がかゆくなってしまうのでした。
以上がケガの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月7日)
むち打ち治療の日
緑内障を考える日

■明日は何の日?(6月8日)
世界海洋デー
ヴァイキングの日

■昨日は何の日?(6月6日)
楽器の日
生け花の日

スポンサーリンク

フォローする