6月8日はヴァイキングの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ヴァイキングの日今日は何の日
6月8日の「今日は何の日?」は「ヴァイキングの日」です。
また「ヴァイキングの日」にちなんで「海賊の食事事情は過酷」「海賊が眼帯をしている意味」など海賊にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月8日はヴァイキングの日

今回は「ヴァイキングの日」について解説していきます!
なぜ6月8日が「ヴァイキングの日」なのかというと、793年6月8日に北欧の海賊ヴァイキングの活動が最初に記録に現われた事が由来となっています。

ヴァイキングは海賊を表現する言葉ですが、主に800年~1050年ぐらいかけて西ヨーロッパ沿岸部を襲撃した武装船団の事を「ヴァイキング」と呼んでいたそうです。
ヴァイキングの本格的な襲撃が始まったとされているのは793年のことであり、最初の襲撃先はリンデスファーン修道院だったと記録に残っています。

しかし、その前から当時のブリテン諸島やフリースラントへの略奪行為が行われていたとされており、あくまで大規模なヴァイキングとしての活動や記録が残っているのが793年以降ということになります。
日本の沿岸部を航行していても海賊に襲われることはないため海賊という存在自体が過去のもののように思えますが、実際には中東やアフリカではいまだに海賊行為が多発しているそうで、護衛艦がいなければ航行するのが厳しい海域もあるそうです。

スポンサーリンク

海賊の雑学

今回は「ヴァイキングの日」にちなんで「海賊の雑学」を紹介します。

海賊の食事事情は過酷

海賊といえば宴会でドンチャン騒ぎをしてとても豪勢な食事をしているイメージがありますよね。
しかし、実は海賊の食事はとても質素なものであり、現代では考えられない過酷な食事事情であったことは知っていますか?

海賊といえばお酒を飲んでいるイメージがあるかもしれませんが、あれは水などの飲み物を船に持ち込んでもすぐに腐ってしまって長期間保存が出来ないためであり、その変わりに腐りにくい大量のアルコール類の飲み物を船に貯蔵していたのです。
また、当時は硬くて味のしないビスケットのような「ハードタック」と呼ばれる食べ物が海上で長期保存の出来るものだったため、ハードタックを食べつつお酒を飲んで飢えをしのいでいました。

また、魚についてもいつでも獲れるわけではなく、海上では牛や豚などの肉も食べることが出来なかったため、ウミガメの肉を食べることが多かったそうです。
餓死をするわけにはいかないですし、時には船内にいるネズミや虫、マストに発生する油などを食べてなんとか食いつなぎ、最悪の場合には人間同士の共食いをしたとも言われており、当時の海賊の食事事情はいかに劣悪だったことがわかりますよね・・・

海賊が眼帯をしている意味

海賊の船長といえば海賊帽をかぶって目には眼帯をつけているイメージがありませんか?
実はあの眼帯は目を怪我したことによってつけているわけではなく、また格好つけるためにつけているわけでもないんです。

あの眼帯にはちゃんと意味があり、現在の船と違って昔の船は電気などが無いため十分な明かりを確保する事ができませんでした。
日中なども船の甲板は太陽光で照らされているのに対して、部屋の中に入ってしまえば真っ暗という事もあったそうです。

しかし、海賊といえば軍船からも逃げなければなりませんし、商船などを見つけた場合にも襲うなど、その場での素早い判断が必要となります。
明るい場所などから船長室に戻って地図を見ようとして、部屋が暗すぎて地図が見えないのを時間をかけて暗闇に目が慣らしていくわけにもいきません。

そこで、眼帯で覆って暗闇に慣らしておいた目の方を使用して、素早く暗闇の中でも地図を読めるように工夫していたのでした。
以上が海賊の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月8日)
世界海洋デー
ヴァイキングの日

■明日は何の日?(6月9日)
ロックの日
ネッシーの日

■昨日は何の日?(6月7日)
むち打ち治療の日
緑内障を考える日

スポンサーリンク

フォローする