6月10日は時の記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

時の記念日今日は何の日
6月10日の「今日は何の日?」は「時の記念日」です。
また「時の記念日」にちなんで「時計の針が右回りの理由」「昔は大砲で時刻を伝えていた」など時計にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月10日は時の記念日

今回は「時の記念日」について解説していきます!
なぜ6月10日が「時の記念日」なのかというと、671年6月10日に水時計が初めて作られたことが由来となっています。

「日本書紀」によると天智天皇10年4月25日の項に「漏剋(ろこく)(漏刻(ろうこく))を新しき台(うてな)に置く。始めて候時(とき)を打つ。鐘鼓(かねつづみ)を動(とどろか)す」と記されています。
天智天皇10年4月25日をグレゴリオ暦に換算すると610年6月10日となり、漏剋(ろこく)とは水時計であることから、水時計が初めて作られて時を刻み始めたという記述となります。

時の記念日については東京天文台と生活改善同盟会によって1920年に制定されたものであり、「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図る」という目的から制定された記念日となります。
「時は金なり」という言葉もあるように、時間はお金では買えないとても大切なものですよね。

日々の時間を無駄に過ごさないためにも、普段の自分の行いを見直すのにはいい機会かもしれませんね。

スポンサーリンク

時計の雑学

今回は「時の記念日」にちなんで「時計の雑学」を紹介します。

時計の針が右回りの理由

時計の針は12時方向から始まり「上→右→下→左→上」という回転を繰り返して動くもので、いわゆる「右回転」となっていますよね。
もちろん時計の針が右回りで動くのは世界共通となっており、日本だけに限ったことではありません。

実は時計の針が右回りで動く由来は日時計にあるとされています。
日時計というのは太陽光によって作られる影の方向から時間を算出する時計のことであり、影の動きは太陽の逆である「西→北→東」という右回りの順番になります。

この日時計が由来となって右回りが採用されることとなったのですが、太陽の動きによって影響される日時計は、南半球では当然のように影の方向が逆となります。
なぜ南半球の時計が逆回りになっていないのかというと、機械式の時計自体がそもそも北半球で発達したものであるため、それが南半球の国々に普及していくこととなり、世界では時計の針は右回りで統一されることとなったのでした。

昔は大砲が時計代わりだった

明治時代から大正時代の日本ではまだ時計は普及していなかったそうで、現代のように腕時計で簡単に時間がチェックできるわけではありませんでした。
そこで、なんと昔は大砲の空砲を鳴らすことによって正午である事を伝えていたのです。

しかし、大砲を使った時報はとても予算がかかったそうで、大正11年からは予算を削減する理由で徐々に廃止されていき、代わりにサイレンを用いて正午を伝えるようになりました。
東京では昭和4年までは大砲の空砲により正午を伝えていたそうです。

また、大砲の「ドン!」という音が1日の半分を伝える正午を伝えるものであることから、半ドンという言葉が誕生したともいわれています。
以上が時計の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月10日)
時の記念日
ミルクキャラメルの日
歩行者天国の日

■明日は何の日?(6月11日)
入梅
傘の日
雨漏り点検の日
学校図書館の日

■昨日は何の日?(6月9日)
ロックの日
ネッシーの日

スポンサーリンク

フォローする