6月10日は歩行者天国の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

歩行者天国の日今日は何の日
6月10日の「今日は何の日?」は「歩行者天国の日」です。
また「歩行者天国の日」にちなんで「スーパーの商品配置には意味がある」「レジは真ん中の方が早い」など買い物にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月10日は歩行者天国の日

今回は「歩行者天国の日」について解説していきます!
なぜ6月10日が「歩行者天国の日」なのかというと、1973年6月10日に銀座から上野までの5.5kmで日本初の歩行者天国が実施されたことが由来となっています。

通称「ホコ天」と呼ばれている歩行者天国ですが、歩行者天国とは「通常は車道となっている道路を通行止めにして、歩行者のために解放された道路やその区間」の事です。
場所によっては特別な許可がない限りは1年を通して歩行者天国に指定されていたり、時間帯や曜日によって歩行者天国を指定している道路もあります。

歩行者天国は車を気にすること無く歩行者が安全に買い物できることからその地域の活性化につながるというメリットがあります。
しかし、その反面で人が集まる事により騒音問題やゴミの問題が発生するといったデメリットも存在しています。

歩行者天国の騒音やゴミに対しては住民の苦情もあり、歩行者天国が廃止された例もありますので、歩行者天国を利用する時はマナーを守りながら買い物をする事が重要となります。

スポンサーリンク

買い物の雑学

今回は「歩行者天国の日」にちなんで「買い物の雑学」を紹介します。

スーパーの商品配置には意味がある

特に主婦の方なんかは毎週のようにスーパーにいきますよね。
スーパーの中を歩いていると、商品配置がどこのスーパーでも似ている事を不思議に思ったことはありませんか?

実はスーパーの商品配置については配置場所のそれぞれに意味があるんです。
まず肉や魚は必ずスーパーの入り口から見てほぼ確実に奥の方に配置されていますが、これは肉や魚の鮮度を保つためなんです。

肉や魚については温度の変化による影響を受けやすいため、外気の影響を受けない温度管理がしやすい店の奥に配置するようになっています。
また、野菜や果物が店の手前に設置されている理由は、野菜は季節感が出しやすくお店のイメージを明るくしてくれるからなんです。

乳製品などが奥に配置してあることが多い理由は、乳製品は生活をする上では必需品であるため必ずといっていいほど購入されます。
奥に乳製品を配置しておくことにより、自然とほかの商品にも目が向くようになり売上が上がるそうです。

レジは真ん中の方が早い

休日にスーパーなどで買い物をしているとレジにはたくさんのお客さんが並んでいて、会計されるのに時間が掛かったりしますよね。
特にお客様感謝デーなどが休日に重なってしまった時はレジが地獄のような混雑を見せます。

そんな時に使える雑学が、スーパーのレジは真ん中のレジの方が客を捌かれるのが早いという雑学です。
実はスーパーではいろいろな方向から買い物が終わった人がレジに来るため、端っこのレジよりも真ん中に人が集まる傾向があるのです。

そのため、お客さんの会計を素早く終わらせるために、ベテランの店員が真ん中のレジを担当している事が多いのです。
ベテラン店員さんと若手の店員さんのレジ打ちの速度は倍近く違うそうで、レジに同じぐらいの列の長さが出来ている場合は迷わず真ん中のレジを選んだ方が良いのです。

以上が買い物の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月10日)
時の記念日
ミルクキャラメルの日
歩行者天国の日

■明日は何の日?(6月11日)
入梅
傘の日
雨漏り点検の日
学校図書館の日

■昨日は何の日?(6月9日)
ロックの日
ネッシーの日

スポンサーリンク

フォローする