6月11日は雨漏り点検の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

雨漏り点検の日今日は何の日
6月11日の「今日は何の日?」は「雨漏り点検の日」です。
また「雨漏り点検の日」にちなんで「雨模様は誤用されている」「雨が降る前の生き物の行動」など雨にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月22日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月11日は雨漏り点検の日

今回は「雨漏り点検の日」について解説していきます!
なぜ6月11日が「雨漏り点検の日」なのかというと、この時期が本格的な梅雨のシーズンの始まりであることが由来となっています。

「雨漏り点検の日」については全国雨漏検査協会によって1997年4月に制定された記念日となります。
梅雨のシーズンが本格的に始まることから、家屋の雨漏りを点検して雨漏りの被害に合わないように呼びかけることを目的とした記念日です。

また、日付でいうと6月11日が雑節である「入梅」にあたることが多いことも、6月11日を「雨漏り点検の日」とした由来となっているそうです。
梅雨の時期は雨が多くなることから万全の雨漏り対策をしておかなければ、いざ梅雨が始まってからでは遅いという事態も考えられますよね。

もしも雨漏りするかも?と考えている人がいましたら、これを機会にして雨漏りの点検をしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

雨の雑学

今回は「雨漏り点検の日」にちなんで「雨の雑学」を紹介します。

雨模様は誤用されている

皆さんは「雨模様」という言葉を普段から使っていますか?
実はこの「雨模様」という言葉なんですが、誤用されている確率がかなり高い日本語の筆頭だったりします。

「なんだか今日はあいにくの雨模様だね。」という文章があったとすると、皆さんは外がどんな天気になっていると想像しますか?
もしも「雨がしとしとと降っている」といった天気を想像してしまった方は、雨模様という言葉の意味を間違えて覚えてしまっています。

雨模様という言葉は、今にも雨が降り出しそうな空模様を意味する言葉であって、すでに雨が降っている場合には雨模様という言葉を使うのは適切ではないんです。
天気予報などで「今日は雨模様となりそうです。」といった天気予報を見た場合には、まだ雨は降っていないけどいつ雨が降り出してもおかしくない天気だと判断するようにしてください。

ただし、意味を間違えて覚えている人の多い言葉なので、会話の中で雨模様という言葉を使うと誤解を招くかもしれませんので注意が必要です。

雨が降る前の生き物の行動

自然界には雨が降る事を察知できる生き物がいて、雨が降りそうになると何らかのアクションを起こします。
その中でも代表的なのは猫が顔を洗うといった行動です。

これは迷信などではなく猫の習性であり、猫が顔洗う動作とは自分の前足を舐めてその前足で顔をこする仕草となります。
猫は人間に比べて湿気や気圧の変化を感じ取るのに優れているため、低気圧によって運ばれてきた湿気によって重くなったヒゲや毛を手入れするためにこのような動作をしているのです。

また、アリが行列を作りだすと雨が降るとも言われています。
アリは雨が降りそうになると巣穴から行列を作って出てきて、卵を守るために運び出すといったアクションを起こすとされています。

以上が雨の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月11日)
入梅
傘の日
雨漏り点検の日
学校図書館の日

■明日は何の日?(6月12日)
恋人の日
バザー記念日
日記の日

■昨日は何の日?(6月10日)
時の記念日
ミルクキャラメルの日
歩行者天国の日

スポンサーリンク

フォローする