6月13日は小さな親切の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

小さな親切の日今日は何の日
6月13日の「今日は何の日?」は「小さな親切の日」です。
また「小さな親切の日」にちなんで「なぜ親を切ると書いて親切?」「世界の親切な国ランキング」など親切にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月13日は小さな親切の日

今回は「小さな親切の日」について解説していきます!
なぜ6月13日が「小さな親切の日」なのかというと、1963年6月13日に「小さな親切」運動本部が発足したことが由来となっています。

「小さな親切」運動については、1963年に行われた東京大学の卒業式の告辞の中で、茅誠司総長が「小さな親切を勇気をもってやってほしい」と言ったことがきっかけとなって始まった運動とされています。
6月13日には茅氏を始めとする8名の提唱者が、運動を発足させました。

この運動は「できる親切はみんなでしよう。それが社会の習慣となるように。」と「人を信じ、人を愛し、人に尽くす。」という事をスローガンに運動が進められています。
現在でも小さな親切運動の呼びかけが行われており、「小さな親切」運動本部にはボランティア活動の経験談など、小さな親切を行った方の事例などが掲載されています。

人間関係が希薄になっているとされていますので、こういった心掛けは普段から忘れないように生きていきたいですよね。

スポンサーリンク

親切の雑学

今回は「小さな親切の日」にちなんで「親切の雑学」を紹介します。

なぜ親を切ると書いて親切?

今回は小さな親切について紹介してきましたが、そもそも親切という言葉を見て不思議に思った事はありませんか?
親を切ると書いて親切となりますが、親を切るなんて親切という意味から想像するものとは全く逆の行いのように感じますよね。

まずは親切という言葉の「親」という漢字についてですが、これは両親の事を表すわけではなく、親しい間柄の人の事を表しています。
そして「切」という漢字については、「刃物で傷つけたり」や「関係を断つ」ような意味に見えるかも知れませんが、実は人を傷つけるような意味の言葉ではありません。

「切」という漢字には「直に接する」という意味が込められているのです。
このことから、親切という言葉は親を切るという意味ではなく、相手に直に接して親しくするという意味であることがわかりますよね。

親切の本来の意味にもあるとおり、人に優しくする時はより相手に寄り添って親身になってあげられると良いですね。

世界の親切な国ランキング

世界には色々なランキングが存在しますが「世界の親切な国ランキング」というものも存在しています。
今回は外国人がその国にやってきたとして「定住しやすいかどうか」、つまりは生活しやすいかという事を指標にした世界の新設な国ランキングとなります。



1位は台湾、2位はウガンダ、3位はコスタリカとなっており、台湾はなんとなく想像がつきますが、2位と3位にはあまり馴染みのない国がランクインしています。
ちなみに日本のランキングは29位となっています。

世界の67ヶ国を対象に作られたランキングとなっており、トップ10入りとはなりませんでしたが、独自の言語や食文化が存在している割には高い順位にランクインしたのではないでしょうか。
英語圏のアメリカが25位にランクインしていることを考えれば割といい順位だという感じがします。

以上が親切の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月13日)
FMの日
鉄人の日
小さな親切の日
はやぶさの日

■明日は何の日?(6月14日)
手羽先記念日
五輪旗制定記念日

■昨日は何の日?(6月12日)
恋人の日
バザー記念日
日記の日

スポンサーリンク

フォローする