6月16日は和菓子の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

和菓子の日今日は何の日
6月16日の「今日は何の日?」は「和菓子の日」です。
また「和菓子の日」にちなんで「カステラは和菓子に分類される」「イチゴ大福が誕生したきっかけ」など和菓子にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月16日は和菓子の日

今回は「和菓子の日」について解説していきます!
なぜ6月16日が「和菓子の日」なのかというと、848(嘉祥元)年6月16日に菓子類を神前に供え疫病退散を祈ったという「嘉祥菓子」の故事に由来しています。

当時の天皇は仁明天皇という人物だったそうで、16個の歌詞や餅などを神前に供えて、神様に疾病よけと健康招福を祈ったとされています。
「和菓子の日」については1979年(昭和54年)に全国和菓子協会によって制定された記念日となります。

和菓子が日本の文化である事をPRする目的で「和菓子の日」を制定したそうです。
確かに和菓子のようなお菓子は外国では全く見かけないですし、日本独自のお菓子として誇っても良いですよね。

洋菓子は一般的でありコンビニのスイーツコーナーを覗いてみても洋菓子の類はたくさんありますが、和菓子はそんなにないですよね。
最近では抹茶味のお菓子や、和パフェといった和スイーツも注目されてきていることから、今後ますます和菓子が一般的なものになっていくと良いですね。

スポンサーリンク

和菓子の雑学

今回は「和菓子の日」にちなんで「和菓子の雑学」を紹介します。

カステラは和菓子に分類される

皆さんは普段からカステラを食べますか?
甘くてふわふわしてて美味しくて、ついつい夜の甘いものを食べたくなってしまった時にコンビニなどに買いに行ってしまったりしますよね。

あのスポンジケーキのような見た目のお菓子であることから、カステラって洋菓子だと思われがちですよね。
しかし、実はカステラは和菓子に分類されているって知っていましたか?

実は和菓子というものは明治になって欧米諸国の食文化が日本に伝わってきた時に、洋菓子の対となる言葉として誕生したものなんです。
したがって、明治以降に外国から伝わったものを洋菓子として、すでに日本のお菓子として定着していたものを和菓子としました。

カステラは室町時代に鉄砲などと一緒にポルトガルから伝わったものなので、明治時代には既にかなり日本に定着していたことから、和菓子に分類されているのでした。

イチゴ大福が誕生したきっかけ

和菓子には色々な種類がありますが、その中でもイチゴ大福って少し異彩を放っていますよね。
洋菓子と違って生の果物がそのまま使われているものって和菓子にはほとんどないですよね。

なぜイチゴ大福が誕生したのかというと、ショートケーキを参考にして作られたからなんです。
イチゴ大福は東京新宿の和菓子店である「玉屋」の主人によって考案されたものであり、その当時ケーキの中でも圧倒的な人気のあったショートケーキをヒントにしたそうです。

イチゴ大福が発売された当初はその斬新な発想に賛否両論があったそうですが、これが爆発的に売れたため和菓子の活性化に貢献したことにより、和菓子業界から表彰まで受けたそうです。
現在では定番となっているイチゴ大福ですが、由来がショートケーキにあったとは驚きですよね。

以上が和菓子の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月16日)
和菓子の日
無重力の日
ケーブルテレビの日

■明日は何の日?(6月17日)
おまわりさんの日
世界砂漠化防止の日

■昨日は何の日?(6月15日)
生姜の日

スポンサーリンク

フォローする