6月17日はおまわりさんの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

おまわりさんの日今日は何の日
6月17日の「今日は何の日?」は「おまわりさんの日」です。
また「おまわりさんの日」にちなんで「パトカーが白黒の理由」「警察のバイクを白くした理由」など警察にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月17日はおまわりさんの日

今回は「おまわりさんの日」について解説していきます!
なぜ6月17日が「おまわりさんの日」なのかというと、1874年6月17日に巡査制度が誕生するのと同時に警察官という職業が誕生したことが由来となっています。

同年である1874年に交番制度も開始されることとなりました。
しかし、当時の交番は現代で想像される交番とはかけ離れたものであり、そもそも建物が存在せず、警察官が交差点などで立って市民の安全を守っている場所の事を交番と呼んでいたそうです。

そのため、当時の警察官はたとえ雨が降っていようとそこに立っていなければならず、とても過酷な職業だったことがわかりますよね。
最近では警察官の不祥事が目につくようになってきましたが、普段から市民の安全を守るために命を掛けている善良な警察官からすると、やり切れない気持ちになってしまうでしょうね。

あくまで市民の安全を守る警察官が犯罪を犯してしまうからこそ注目を浴びるのであって、大多数の警察官は常日頃から市民の安全を守っているのであって、警察官への感謝の気持ちを忘れてはいけませんよね。

スポンサーリンク

警察の雑学

今回は「おまわりさんの日」にちなんで「警察の雑学」を紹介します。

パトカーが白黒の理由

パトカーって凄く特徴的な配色をしていますよね。
遠くから見てもパトカーだと一発でわかるようなあの特徴的なデザインは、何も悪いことをしていなくても少しドキドキしてしまいますよね。

そんなパトカーですが、実はパトカーの運用が開始されたばかりの日本では、ほとんどの自動車が白かったそうです。
そこでパトカーの色も白にしてしまうとパトカーと一般車の見分けがつかなくなってしまいますよね。

そこで考案されたのが車体の下半分を黒にするという方法で、この方法によって一般車とパトカーの区別が一目でつくようになったのでした。
昭和30年には全国的にパトカーの色が白と黒になるように統一されることとなりました。

冒頭でも書きましたが、意識的にパトカーだと一目でわかるデザインだからこそ意識してしまってドキドキしてしまうんですね。

警察のバイクを白くした理由

警察の中でも白バイ隊員に憧れて警察官になる人もいるのではないでしょうか。
パトカーが意図的に下半分を黒くして区別をしやすくしていることはわかりましたが、実は警察の乗っているバイクが白いのにも理由があるのです。

白バイが初めて登場したのは1936(昭和11)年だとされています。
その時から警察官のバイクは白く塗装されていたのですが、バイクを白くした理由はヨーロッパやアメリカといった国が既に白バイを導入していたからなんです。

また、白色という色自体にも実は意味があり「平和と清潔」を表す色となっています。
白色の意味から白バイは「交通事故を無くすべく安全で快適な交通社会実現のための平和の騎士」という意味で白色になったという説もあります。

パトカーと同じく車体がとても目立つため、一目で警察だとわかるという事も由来となっているそうです。
以上が警察の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月17日)
おまわりさんの日
世界砂漠化防止の日

■明日は何の日?(6月18日)
父の日
海外移住の日
おにぎりの日

■昨日は何の日?(6月16日)
和菓子の日
無重力の日
ケーブルテレビの日

スポンサーリンク

フォローする