6月20日は世界難民の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

世界難民の日今日は何の日
6月20日の「今日は何の日?」は「世界難民の日」です。
また「世界難民の日」にちなんで「戦争の大敵は水虫」「パラシュートで降下してる人を攻撃してはいけない」など戦争にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月20日は世界難民の日

今回は「世界難民の日」について解説していきます!
なぜ6月20日が「世界難民の日」なのかというと、1974(昭和49)年6月20日に「アフリカ統一機構難民条約」が発効された事が由来となっています。

「世界難民の日」については国連によって2000(平成12)年12月によって制定されたものであり、日本だけではなく世界的に実施されている国際デーの一つとなります。
それまでは「アフリカ難民の日」という名称で制定されていましたが、「世界難民の日」という名前に改称されました。

「世界難民の日」を制定することによって、難民の保護と援助に対する世界的な監視委を高めることを目的としています。
世界で難民問題は深刻化しており、2005年時点では3750万人だと発表されていましたが、2014年には5950万人まで増えたとされています。

難民を受け入れる国も現れる中、難民を受け入れた事によって治安が悪化したり、様々な問題が生じて元々住んでいた国民に被害が出てしまうなどの問題も発生しています。

スポンサーリンク

戦争の雑学

今回は「世界難民の日」にちなんで「戦争の雑学」を紹介します。

戦争の大敵は水虫

戦争では敵は相手の兵士だけとは限りませんでした。
戦争という過酷な環境下では様々な疾病が発生し、それが原因で命を落とす兵士も存在しました。

第二次世界大戦で厄介だった病気のひとつとして水虫が挙げられます。
現代でも皮靴を長時間履いているサラリーマンは水虫になりやすいとされていて、そこまで重大な病気とは思えませんが、戦争中には大敵だったのです。

戦闘がいつ始まるかがわからない前線では、兵士は汚物やぬかるんだ泥まみれの塹壕の中に身を潜めていなければならず、雨が降っている時などは常に足が汚染された水に浸かっている状態でした。
その結果、水虫に感染する兵士がとても多かったそうで、治療が行き届かなくなった場合には水虫の症状が進行してしまって、最悪の場合は足を切り落とすしかなかったそうです。

パラシュートで降下してる人を攻撃してはいけない

戦争では戦闘機から脱出してパラシュートを使ったり、空挺部隊がパラシュートの降下作戦などを行っています。
銃などの兵器を持って待ち構えている地上部隊からするといい的のように見えますが、実はパラシュート降下中の兵士を撃ってはいけない決まりがあるんです。

これはハーグ陸戦規定によって定められているもので、逆にパラシュート降下をしながら撃つことは違反とはなりません。
地上にいる兵士にとってはなんとも不利な条件かもしれませんが、パラシュートで降下が完了し次第その兵士を攻撃することとなります。

これは戦闘に参加しようとしている者と、戦闘から離脱しようとする者がどちらもパラシュート降下してくるため、戦闘意思のない者を撃ってしまう事を防ぐためなんです。
そのため、撃墜王として恐れられていたハルトマンも最後に出撃した時に撃墜されてしまいましたが、パラシュート降下しても攻撃を受けずに、春と万を撃墜したパイロットはハルトマンをにらみつけただけで攻撃せずに離れていったそうです。

以上が戦争の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月20日)
健康住宅の日
世界難民の日
ペパーミントの日

■明日は何の日?(6月21日)
夏至
冷蔵庫の日
スナックの日

■昨日は何の日?(6月19日)
ベースボール記念日
元号の日
ロマンスの日

スポンサーリンク

フォローする