6月26日は雷記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

雷記念日今日は何の日
6月26日の「今日は何の日?」は「雷記念日」です。
また「雷記念日」にちなんで「雷は金属を身につけると生存率があがる」「雷発電が普及しない理由」など雷にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月26日は雷記念日

今回は「雷記念日」について解説していきます!
なぜ6月26日が「雷記念日」なのかというと、930(延長8)年6月26日に平安京の清涼殿に落雷があり、大納言の藤原清貫が亡くなったことに由来しています。

この落雷は太宰府に左遷されそこで亡くなった菅原道真のたたりだとされており、この事件があったことから菅原道真は名誉を回復しました。
また、菅原道真これ以来雷の神「天神」と同一視されるようになったとされています。

現在はどのような原理で雷が発生するのかが解明されていますが、当時は雷といえば神秘的な現象であり、神様が怒っていると時に雷が落ちるものだと考えられていたそうです。
また「くわばら、くわばら」という言葉がありますが、これは菅原道真の領地であった「桑原」にだけ雷が落ちなかったことから、雷よけのおまじないとして唱えられるようになったものなのです。

「くわばら、くわばら」については年配の方が使うイメージのある言葉であり、最近は全く聞かなくなった死語となってしまいました。

スポンサーリンク

雷の雑学

今回は「雷記念日」にちなんで「雷の雑学」を紹介します。

雷は金属を身につけると生存率があがる

雷の多くなる時期になると、毎年必ず雷によって命を落としている方がニュースで報道されていますよね。
特にサッカー場やゴルフ場などの開けた場所では雷が人間に直撃する確率が高くなります。

他にも貴金属を身につけていると雷を引き寄せてしまうといった話がありますが、実は雷が発生している時は貴金属を身につけている方が良いって知っていましたか?
貴金属を身につけていたとしても、よほど尖って出っ張っているものでない限りは雷が直撃する確率は変わらないそうです。

仮に雷が直撃したり近くに雷が落ちて人体に電流が流れてしまった場合、貴金属を身につけていた方が電流が貴金属へと流れて逃げていくので生存率が上がるそうなんです。
世界では雷に打たれてしまった人が貴金属を身につけていたおかげで生還したという例も残っています。

落雷が始まると貴金属をはずす人もいますが、今後はあまり気にしなくても良いかと思われます。

雷発電が普及しない理由

雷は電気なので雷の電気を利用して蓄えることによって発電が出来るようになると考えたことはありませんか?
しかし、雷による蓄電って全然普及しないですよね。

それは1回の雷のエネルギーが膨大すぎて、雷を蓄電させることが出来ないためなんです。
家の近くなどに落ちても莫大なエネルギーによって停電しますよね。

そして、基本的には電気は備蓄する事が出来ないため、保存しながら長い期間をかけて利用するのには向いていないエネルギーとなります。
更にいうと、雷は瞬間的には非常に大きいエネルギーを生みだしますが、あまりにも時間が短すぎて発電に使えるだけの電力が補給できないのです。

仮に日本で発生する雷のすべてを利用できたとしても全国の消費電力の千分の一程度にしかならず、コストを使ってまで施設を全国に設置して雷で発電を行おうとはならないんですね。
そもそも雷はランダムに色々な場所に落ちるため、それを予測して発電を行うことは現実的ではありません。

以上が雷の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月26日)
露天風呂の日
オリエンテーリングの日
雷記念日

■明日は何の日?(6月27日)
演説の日
日照権の日
ちらし寿司の日

■昨日は何の日?(6月25日)
住宅デー
指定自動車教習の日

スポンサーリンク

フォローする