6月27日はちらし寿司の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ちらし寿司の日今日は何の日
6月27日の「今日は何の日?」は「ちらし寿司の日」です。
また「ちらし寿司の日」にちなんで「ひな祭りにちらし寿司を食べる理由」「ちらし寿司と五目寿司の違い」などちらし寿司にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月27日はちらし寿司の日

今回は「ちらし寿司の日」について解説していきます!
なぜ6月27日が「ちらし寿司の日」なのかというと、備前岡山藩主・池田光政の命日であることが由来となっています。

「ちらし寿司の日」については、卵焼きなどの調理用食材を製造販売する広島県の株式会社あじかんによって制定された記念日となります。
池田光政は岡山のちらし寿司である「ばら寿司」が生まれるきっかけを作った人物だとされています。

1654年に現在の岡山県である備前の国で大洪水が発生しました。
その時に藩主を務めていたのが池田光政であり、「質素倹約」を奨励して「一汁一菜令」という倹約令を出しました。

領民は倹約をするために食事を制限していましたが、せめて少しでも美味しいものを食べるために、ご飯に魚や野菜などの具材を混ぜ込んで食べました。
これが現在のちらし寿司の原型であるとされていて、池田光政の「一汁一菜令」がきっかけとしてちらし寿司は誕生したのでした。

スポンサーリンク

ちらし寿司の雑学

今回は「ちらし寿司の日」にちなんで「ちらし寿司の雑学」を紹介します。

ひな祭りにちらし寿司を食べる理由

ひな祭りにはちらし寿司を食べるのが定番になっていますよね。
しかし、なぜひな祭りにちらし寿司を食べる風習があるのかは意外と知られていません。

この風習については平安時代の頃から存在しているとされています。
当時のひな祭りは宮廷などで行われているものであって、決して庶民的なものではありませんでした。

そして、その当時のひな祭りでは現在のちらし寿司ではなく、「なれ寿司」とよばれる魚を塩と米で乳酸発行させたものを食べていました。
平安時代のころは主にアユやフナ、アワビといった魚以外にも、イノシシやシカなどの肉もなれ寿司の具として使われていたそうです。

その後、時代の流れとともに色鮮やかで豪華に見える食材が使われるようになっていき、やがてなれ寿司を食べる文化からちらし寿司を食べる文化へと移行していきました。
ひな祭りが庶民的になったのも江戸時代のことだったので、その頃にはちらし寿司も誕生していたため、なれ寿司ではなくすっかりとちらし寿司が食べられるようになりました。

ちらし寿司と五目寿司の違い

ちらし寿司によく似ている食べ物として、五目寿司という食べ物がありますよね。
どちらも「寿司」のついた食べ物ですがその違いって知っていますか?

ちらし寿司に主に使われる具材は、キヌサヤ、レンコン、玉子焼きなどであり、場合によっては海鮮なども使用されます。
これらの具材を酢飯の上に見栄えよく散らしてあげるのがちらし寿司となります。

五目寿司は基本的には具材はちらし寿司と似ているのですが、色々な具材を五目寿司の場合は酢飯の上に散らすのではなく酢飯に混ぜ込みます。
つまり、ちらし寿司と五目寿司の違いは、使用する具材を酢飯の上に散らすか、酢飯の中に混ぜ込むかというところにあります。

以上がちらし寿司の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月27日)
演説の日
日照権の日
ちらし寿司の日

■明日は何の日?(6月28日)
パフェの日
貿易記念日

■昨日は何の日?(6月26日)
露天風呂の日
オリエンテーリングの日
雷記念日

スポンサーリンク

フォローする