6月28日は貿易記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

貿易記念日今日は何の日
6月28日の「今日は何の日?」は「貿易記念日」です。
また「貿易記念日」にちなんで「イギリス人の紅茶好きは貿易の影響」「日本はお金を輸入していた時代がある」など貿易にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月28日は貿易記念日

今回は「貿易記念日」について解説していきます!
なぜ6月28日が「貿易記念日」なのかというと、安政6年5月28日(新暦1859年6月28日)に江戸幕府がロシア・イギリス・フランス・オランダ・アメリカの五か国に、横浜・長崎・箱館(函館)での自由貿易を許可する布告を出したことが由来となっています。

「貿易記念日」は通商産業省(現在の経済産業省)によって1963年に制定された記念日となります。
列強諸国の圧力によって半ば強引に始まった貿易ではありますが、それまでは約300年にも渡って鎖国を行っていた日本にとっては歴史的な一歩となりました。

しかし、圧力によって始まった貿易だったため、関税をかけることができないなど日本にとってかなり不利な条件での貿易でした。
経済産業省によると「貿易に携わる企業だけでなく、ひろく国民全般が輸出入の重要性について認識を深める日」として「貿易記念日」を定めたそうです。

スポンサーリンク

貿易の雑学

今回は「貿易記念日」にちなんで「貿易の雑学」を紹介します。

イギリス人の紅茶好きは貿易の影響

イギリス人といえばオシャレなカフェで紅茶を楽しんでいるような紅茶好きのイメージがありませんか?
実は今では紅茶がイギリスの代表的な飲み物として定着しているものの、昔はコーヒーが人気だったのです。

17世紀のロンドンではコーヒーハウスがとても流行していたそうで、毎日足しげくかよってコーヒーを楽しむ客や、情報交換や色々な人が交流できる場として賑わいを見せていました。
しかし18世前半になると、オランダがジャワでコーヒーの栽培に成功した結果、ヨーロッパのコーヒー貿易を独占しました。

イギリスはコーヒーの輸入を取りやめて紅茶を中心とした貿易を始めたため、国内ではコーヒーはとても貴重なものとなり、価格も高騰して飲めなくなりました。
その結果として、コーヒーハウスで紅茶が振舞われるようになり、やがて紅茶の貿易で成功を収めたイギリスは紅茶好きの国となっていったのでした。

日本はお金を輸入していた時代がある

今でこそお店で買い物をするためにはお金が必要となっていますが、そのお金を海外から輸入していた時代があったって知っていましたか?
平安時代後期の中国がまだ宋だった時期の話となりますが、日本は宋と盛んに貿易を行っていました。

そして、その貿易の中で取引される品物の中には宋で使われているお金である「宋銭」も含まれていました。
宋で使われる通貨だったため、日本国内では使うことが出来ないのですが、銅で作られていたことから、仏具などの材料として使用されていました。

また、宋銭は当時のアジア諸国では広く使われていた通貨だったため、他の国と貿易する際にも宋銭が利用されていたそうです。
そのころの日本では和同開珎という通貨が存在していたものの、まだまだ物々交換が主流の時代だったため、宋銭が輸入されるようになってからは通貨による買い物の概念が一気に普及することとなったそうです。

以上が貿易の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月28日)
パフェの日
貿易記念日

■明日は何の日?(6月29日)
ビートルズ記念日
佃煮の日

■昨日は何の日?(6月27日)
演説の日
日照権の日
ちらし寿司の日

スポンサーリンク

フォローする