6月30日はハーフタイムデー、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ハーフタイムデー今日は何の日
6月30日の「今日は何の日?」は「ハーフタイムデー」です。
また「ハーフタイムデー」にちなんで「11月31日が存在するカレンダー」「カレンダーが誕生したのは5000年前」などカレンダーにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月30日はハーフタイムデー

今回は「ハーフタイムデー」について解説していきます!
なぜ6月30日が「ハーフタイムデー」なのかというと、6月30日という日付が1年の半分であることが由来となっています。

ハーフタイムデーが1年の半分であることから、それまでの半年間を振り返る事によって、その年の目標を再確認する日とされています。
6月30日ってあまり実感はわきませんが、1月1日から新年が始まってからもう半年も過ぎてしまっているんですよね。

これからあと半年でまた1年が終わるのかと思うと、1年は本当にあっとういう間なんだなという感じがしてきます。
おそらく今年の始まりころには「今年は○○を頑張るぞ!」と目標を立てていた人も多いのではないでしょうか。

その目標達成にはどの程度近づいていますか?
また、その目標が達成されてしまった人については、「ハーフタイムデー」をきっかけとして新たに目標設定してみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

カレンダーの雑学

今回は「ハーフタイムデー」にちなんで「カレンダーの雑学」を紹介します。

11月31日が存在するカレンダー

皆さんも家や職場にカレンダーを置いていますよね?
最近ではパソコンやスマートフォンで簡単にカレンダーを見ることが出来るようになりましたし、先々の予定を本当に立てやすくなりましたよね。

世の中には様々なカレンダーが存在していますが、なんと11月31日が存在している珍しいカレンダーがある事を知っていますか?
それはプロ野球チームである阪神タイガーズの2011年のカレンダーです。

なぜ存在するはずの無い11月31日がカレンダーに書きこまれてるのかというと、単純にミスをしてしまったからのようです。
球団側から購入者に対して再度すり直したカレンダーを再送するなどの対応がとられたそうですが、逆に珍しがって使っている人が多数いたそうです。

また、11月31日が存在するせいで12月の曜日が一致しなくなっているのかと思いきや、12月にミスはなく普通のカレンダーとして使用できたようです。

カレンダーが誕生したのは5000年前

カレンダーの歴史はとても古く実は5000年前には誕生していたとされています。
カレンダーを作ったのはメソポタミア(現在のイラク・クウェート)に住んでいたシュメール人であり、シュメールの神官の書記たちによって作られたとされています。

その当時のカレンダーは月の動きを基準として作られたもので、1ヶ月が30日であり、1年が12ヶ月でした。
1週間が7日間という考え方はその後にユダヤ人が考えたもので、更に、エジプト人によって1年が365日とされて1日が24時間となりました。

一方その頃でローマではエジプトから持ち帰ったカレンダーにより太陰暦という暦が作られて、1年を354日としていました。
現在は太陽暦が当たり前としてカレンダーが製作されていますが、昔は色々な種類の暦とカレンダーが存在していたんですね。

以上がカレンダーの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月30日)
トランジスタの日
ハーフタイムデー
大祓

■明日は何の日?(7月1日)
弁理士の日
建築士の日
ウォークマンの日
童謡の日

■昨日は何の日?(6月29日)
ビートルズ記念日
佃煮の日

スポンサーリンク

フォローする