6月30日は大祓、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

大祓今日は何の日
6月30日の「今日は何の日?」は「大祓」です。
また「大祓」にちなんで「茅の輪くぐりの由来」「花見はもともと神事だった」など神事にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月30日は大祓

今回は「大祓」について解説していきます!
「大祓」は「おおはらえ」と読み、罪穢れを祓い清める神事でされていて6月と12月の末日に行われています。

「祓」という神事自体は宮中や神社で日常的に行われるそうですが、全ての国民に対して罪穢を祓うということから「大祓」とされています。
6月30日に行われる大祓については「夏越の大祓」と呼ばれており、12月31日に行われる大祓は「年越しの大祓」と呼ばれています。

夏越の大祓については穢れを人形に託して茅の輪をくぐって心身を清める行事となっています。
その際には「大祓詞(おおはらえのことば)」という祝詞を唱えて罪や穢れを祓います。

また、本格的な夏の暑さを迎えることから、昔は病気の流行する季節だと考えられていたため、身体の疲れや気力の衰えから病気などにかからないように、無事に夏を越えて半年間を過ごせるように願いを込める神事でもあります。
新しい年が始まったころには今年の目標を立てた人も多いかと思いますが、ここでもう一度その目標を振り返って、心機一転年末まで頑張る機会にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

神事の雑学

今回は「大祓」にちなんで「神事の雑学」を紹介します。

茅の輪くぐりの由来

今回は「大祓」という神事で茅の輪くぐりをすることを紹介しましたが、そもそもなぜ茅の輪くぐりをすると身心が清められるのかというと、由来が存在しています。
もともと茅の輪は現在のように大きいサイズではなく、腰につけるような小さなサイズのものでした。

茅の輪の由来は日本神話であり、ヤマタノオロチを退治した素盞鳴尊(すさのおのみこと)が旅をしている途中に、宿を探していました。
蘇民将来(そみんしょうらい)、巨旦将来 (こたんしょうらい)という兄弟に家に泊めてもらえないか頼んだところ、弟である巨旦将来は裕福だったのにも関わらず泊まる事を拒否しました。

そして、兄の蘇民将来は貧しかったのにもかかわらずに素盞鳴尊を家に泊めてあげてもてなしたそうです。
数年後に蘇民将来を再度訪れた素盞鳴尊は「病気が流行した時には茅で輪を作って腰につけていれば病気を防げる」という事を蘇民将来に言い残しました。

その後、疫病が流行した際には茅の輪の事を聞いていた蘇民将来は疫病にかからずに助かりましたが、宿泊を拒んだ巨旦将来は病に倒れてしまったそうです。
この神話が茅の輪の由来であるとされていて、時代の流れとともに茅の輪は大きくなっていき、江戸時代になったころには現在のように大きい茅の輪をくぐる神事へとなったのでした。

花見はもともと神事だった

花見のシーズンには桜を見ながら宴会を開いて盛り上がりますよね。
花を見ながら宴会なんてとても情緒のある宴会ですが、実は花見についても昔は神事として行われていたものだって知っていましたか?

桜が初めて日本に植えられたのは奈良時代のことだったとされています。
桜の花がとても美しく、桜の花が咲くと田の神様が山から降りてきたものだと農民は考えていました。

そこで、神様をお迎えしようとして始まったのが花見だとされています。
神様へと食べ物やお酒などのお供え物を捧げることによって神様を迎え入れて、その後、みんなで宴会を開いて神様を接待するという考え方から花見というイベントが誕生したのでした。

以上が神事の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月30日)
トランジスタの日
ハーフタイムデー
大祓

■明日は何の日?(7月1日)
弁理士の日
建築士の日
ウォークマンの日
童謡の日

■昨日は何の日?(6月29日)
ビートルズ記念日
佃煮の日

スポンサーリンク

フォローする