7月2日はたわしの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

たわしの日今日は何の日
7月2日の「今日は何の日?」は「たわしの日」です。
また「たわしの日」にちなんで「ヘチマはたわしとして使える」「掃除のやる気を出す方法」など掃除にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

7月2日はたわしの日

今回は「たわしの日」について解説していきます!
なぜ7月2日が「たわしの日」なのかというと、1915年7月2日に西尾商店(現在の亀の子束子西尾商店)の西尾正左衛門が「亀の子束子」の特許を取得した事が由来となっています。

「亀の子束子」といえば誰もが想像する1番シンプルなたわしのことですね。
実は亀の子束子が開発が始まったのは1907年のことだったそうで、なんと亀の子束子が完成されるまでには8年の歳月がかかったことになります。

妻が売れ残っていた棕櫚(しゅろ)製の玄関マットの切り取って丸め、床を磨くのに使っていたのを見て、西尾正左衛門は亀の子束子を制作することを思いついたとされています。
その名前から想像されているかもしれませんが、形状が小さい亀に似ていたことが由来となって「亀の子束子」という商品名になりました。

最近では掃除機具の技術も発達してきたことにより、頑固な汚れもゴシゴシとこすらなくても良くなってきた事から、あまりたわしを見かける機会も無くなりましたよね。
昔はテレビ番組の景品のハズレ賞などでも見かけていましたが、すっかりと見かけなくなってなんだか寂しいですよね。

スポンサーリンク

掃除の雑学

今回は「たわしの日」にちなんで「掃除の雑学」を紹介します。

ヘチマはたわしとして使える

主婦の方などは知っているかもしれませんが、ヘチマはたわしとして使えるって知っていますか?
ヘチマたわしと呼ばれるもので、これは商品名ではなくて実際にヘチマを使って作ったたわしのことなんです。

昔の人はヘチマを乾燥させてたわしとして使って身体を洗ったり、お風呂掃除の道具としてヘチマたわしを使っていたそうです。
もちろんお風呂場で使うだけではなく、シンクの汚れを落としたり、焦げ付いたなべの頑固な汚れを落としたりなど、普通のたわしと同じ用途で使えます。

また、ヘチマたわしで身体を洗うと健康になるといわれていて、皮膚が丈夫になる効果もあるとされていたことから、身体を洗うときにも重宝されていたそうです。
興味が沸いたという人はぜひヘチマたわしを使ってみてくださいね。

掃除のやる気を出す方法

勉強や掃除、その他の面倒臭いことってなかなかやる気が出ないですよね。
一度始めてしまえばあとは頑張るしかないのですが、なかなかやる気が出ずにエンジンがかからないひとって結構いますよね。

実は掃除についてはとっておきのやる気を出す方法があるんです。
それは、狭い部屋から掃除をするという方法です。

人間は達成感を得られるとやる気の持続が出来る生き物だとされていて、まずは狭い部屋から掃除を始めることにより、短時間で掃除が終わって達成感を得て、やる気を持続させるという方法です。
いきなりリビングから掃除を始めようとしても、掃除をする場所がありすぎてなかなかやる気が起きません。

マラソンで使われる電信柱まで走ろう作戦がありますが、まずは手近なところから目標を立てて取り組んでみれば、やる気が起きやすいのです。
以上が掃除の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月2日)
半夏生
蛸の日
たわしの日

■明日は何の日?(7月3日)
通天閣の日
波の日
ソフトクリームの日

■昨日は何の日?(7月1日)
弁理士の日
建築士の日
ウォークマンの日
童謡の日

スポンサーリンク

フォローする