7月4日は梨の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

梨の日今日は何の日
7月4日の「今日は何の日?」は「梨の日」です。
また「梨の日」にちなんで「美味しい梨の見分け方」「二十世紀梨はゴミ捨て場で見つかった」など梨にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



7月4日は梨の日

今回は「梨の日」について解説していきます!
なぜ7月4日が「梨の日」なのかというと、七(な)四(し)で「なし」という語呂合わせが由来となっています。

「梨の日」については鳥取県東郷町(現 湯梨浜町)の「東郷町二十世紀梨を大切にする町づくり委員会」によって2004年に制定された記念日となります。
「湯梨浜町」は青梨の「二十世紀梨」の生産地として有名ですよね。

梨は7月ごろから少しずつ出回るようになってきて、8月から9月のころには多くの梨が出回るようになります。
日本で主に食べられている梨は、青梨以外の品種にも赤梨があり、茶色い見た目をしている赤梨では「豊水」や「幸水」といった品種が有名ですよね。

梨はあまり海外では食べられているイメージが無いかも知れませんが、実は日本以外でもたくさん食べられています。
中国の梨の生産量は1700万トンにもなり、日本の生産量の100倍以上の梨が生産されています。

他にもアメリカやイタリア、アルゼンチン、トルコなど梨は世界中で盛んに栽培されているのでした。

スポンサーリンク



梨の雑学

今回は「梨の日」にちなんで「梨の雑学」を紹介します。

美味しい梨の見分け方

野菜や果物には美味しいものを見分けるコツがありますが、もちろん梨についても美味しい梨を見分けるコツが存在しています。
まず、美味しい梨の表面は皮の色が濃くて、表面の粒の色が黒くはっきりとしているのが特徴です。

梨は太陽の光をたくさん浴びることによってその美味しさが増しますが、太陽の光をしっかりと浴びて育った梨については、皮にその状態が表れるのです。
皮の色が濃くて表面の粒の色が黒くはっきりとしていれば、みずみずしくて甘い梨である可能性が高いです。

また、梨のお尻の部分が平らになっていてへこみが少なく、ずっしりと重たそうな梨が美味しい梨だとされています。
梨のもっとも甘くておいしい部分はおしりの部分であるため、このお尻の部分がしっかりと実っているものは甘くて美味しいということが判断できるのでした。

二十世紀梨はゴミ捨て場で見つかった

前述にもありましたが、青梨と言えば「二十世紀梨」という品種が有名です。
この品種ですが、実はゴミ捨て場から見つかったのは知っていますか?

明治21年、千葉県八柱村(現 松戸市)で当時13歳だった松戸覚之助がゴミ捨て場に自生していた変わった梨の幼木を見つけました。
その幼木を持ち帰り、自身の農園で栽培を始めたことが、「二十世紀梨」の始まりです。

幼木自体、非常に病気に弱かったそうですが、覚之助の努力の甲斐があり、10年後にようやく実をつけることに成功しました。
その実はとても甘く、美味しいものだったそうです。

覚之助はこの梨を「新太白」と命名しましたが、後に20世紀の代表となる品種となるよう「二十世紀」と改名されました。
覚之助がゴミ捨て場で幼木を見つけなかったら…。そして、その幼木を懸命に育てなかったら…。今日の私たちは美味しい梨を口にすることはなかったのかもしれませんね。

以上が梨の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月4日)
梨の日
お直しの日

■明日は何の日?(7月5日)
あなごの日
ビキニスタイルの日

■昨日は何の日?(7月3日)
通天閣の日
波の日
ソフトクリームの日

スポンサーリンク



フォローする