7月6日は公認会計士の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

公認会計士の日今日は何の日
7月6日の「今日は何の日?」は「公認会計士の日」です。

スポンサーリンク



7月6日は公認会計士の日

今回は「公認会計士の日」について解説していきます!
なぜ7月6日が「公認会計士の日」なのかというと、1948(昭和23)年7月6日に「公認会計士法」が制定されたことが由来となっています。

「公認会計士の日」については日本公認会計士協会によって1991年に制定された記念日となります。
第二次世界大戦後であった日本はアメリカの制度にならって「公認会計士法」を制定し、現在では日本には約1万人の公認会計士がいるそうです。

公認会計士と聞いて普段どんな仕事をしているのかわからないという人もいるかもしれませんが、かなり簡単にいうと会計に関する専門家となります。
主な仕事は会計監査であり、会計監査とは企業や行政機関が報告した会計内容に間違いはないか、または虚偽などはないかをチェックする仕事となります。

この会計監査を企業の経営に携わる人間や行政の人間が行ってしまうと、いくらでも虚偽の会計報告が通ってしまうことになるため、そうならないためにも独立した機関として公認会計士は必要不可欠な職業となります。
また、他にも権利業務やコンサルティング業務、税務業務などの仕事もこなしています。

スポンサーリンク



お金の雑学

今回は「公認会計士の日」にちなんで「お金の雑学」を紹介します。

5円と50円に穴が空いている理由

日本には様々な種類の硬貨がありますが、その中でも特徴的なものが穴の空いている5円と50円ですよね。
この2種類の硬貨に穴が空いているのには理由があるんです。

5円玉が発行されたのは1949年のことで、戦争を終えたばかり日本では急激なインフレが起こっていました。
もちろん5円玉を作るのにもコストが掛かっているため、少しでもコストを削減するためにも、材料を節約するために穴が空けられたのでした。

続いて50円玉についてですが、50円玉については発行された当初は穴が空いておらず、サイズも今の50円玉よりも大きなものでした。
しかし、100円玉と区別する際にとても紛らしかったことから、サイズが少し小さくなって、さらに穴が空けられて明確な区別がつくようにされたのでした。

硬貨は目隠しをしてても種類がわかる

硬貨の種類は全部で6種類ありますが、これらはすべて目隠しをした状態でも判別できるのを知っていますか?
普段触り慣れている物なので何となくは分かりそうですが、5円玉と50円玉、10円玉と100円玉など、微妙に形が似ている物に関しては少し紛らわしいですよね。

今回はそんな硬貨の見分け方を解説していきます。

・1円硬貨…穴なし、周囲のギザギザなし。
・5円硬貨…穴あり、ギザギザなし。
・10円硬貨(ギザ十を除く)…穴なし、ギザギザなし。
・50円硬貨…穴あり、ギザギザあり。
・100円硬貨…穴なし、ギザギザあり。
・500円硬貨…穴なし、ギザギザあり。

となっています。
お気付きになったかもしれませんが、全ての硬貨の穴とギザギザの組み合わせが異なっている訳ではないのです。

1円玉と500円玉は重さと質感が他の硬貨と大きく異なる為、判別がつきますよね。
それ以外の硬貨は穴とギザギザの組み合わせにより判別することができます。

以上がお金の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(7月6日)
ピアノの日
公認会計士の日

■明日は何の日?(7月7日)
小暑
七夕
カルピスの日
冷やし中華の日

■昨日は何の日?(7月5日)
あなごの日
ビキニスタイルの日

スポンサーリンク



フォローする