7月8日はナンパの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ナンパの日今日は何の日
7月8日の「今日は何の日?」は「ナンパの日」です。
また「ナンパの日」にちなんで「ナンパの語源」「しつこいナンパは犯罪になる!?」などナンパにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



7月8日はナンパの日

今回は「ナンパの日」について解説していきます!
なぜ7月8日が「ナンパの日」なのかというと、七(なん)八(ぱ)で「ナンパ」の語呂合わせが由来となっています。

「ナンパの日」についてはマガジンハウスが発行している雑誌である「ポパイ」の1991年6月19日号で提唱された記念日となります。
また、同号が発売された6月5日を「ナンパ解禁の日」ともしています。

この日については見知らぬ異性を誘っても良い日とされています。
また、前日の7月7日が七夕であったことから、七夕で新たな出会いがなかった男女にとっては、7月8日から心機一転また新しい恋を目指すという意味を込めた記念日でもあるそうです。

新たな恋を目指して異性に積極的に声を掛けてみることは良いことですが、道を尋ねるふりをしてそのまま連れて行って犯罪を犯してしまったり、そのような事件があるからにはナンパされる側も警戒をしてしまいますよね。
ナンパをする際には相手が怖がったり嫌がったりした場合はしつこくしない事を心掛ける/span>ようにして、早々に諦めてきちんと紳士的な対応をするようにしましょう。

スポンサーリンク



ナンパの雑学

今回は「ナンパの日」にちなんで「ナンパの雑学」を紹介します。

ナンパの語源

ナンパという言葉がいつ頃から使われていて、どんな語源の言葉かを知っていますか?
実はナンパとは元々は異性に声を掛ける意味の言葉ではなかったのです。

ナンパという言葉自体はすでに明治時代には存在していたそうで、「硬派」の対義語であり漢字で「軟派」と書いていました。
「硬派」の対義語であるため、あまり主体性がなく主義主張を持っていないような人を指す言葉として使われていました。

やがて、弱そうでなよなよしている態度を取るような人についても「軟派」と呼ばれるようになりました。
そのような意味からも、男らしい勇ましさなどを表す時に使う「硬派」とは反対にして、女性に対しておしゃれに気を使ったりするような態度の男性は「軟派」と呼ばれるようになり、やがて女性に気軽にチャラい感じで話しかける男性についても「軟派」といわれるようになりました。

1980年代には「軟派」は「ナンパする」という形でカタカナ表記をするようになって、現在のような異性に声かけるという意味に変化していったのでした。

しつこいナンパは犯罪になる!?

今回は「ナンパの日」ということで、「ナンパ解禁の日」ともされているという事を紹介しましたが、あまりにしつこくナンパをしすぎると下手したら犯罪になってしまうことは知っていましたか?
実はナンパ自体に違法性はありませんが、それもしつこすぎれば法律や条例に違反する可能性があるのです。

例えばナンパした相手がとても嫌がっているのにも関わらず、つきまとってナンパを続けるといった行為については「軽犯罪法」を違反することになり、刑事罰の対象となってしまうのです。
「軽犯罪法」では、進路に立ちふさがったり相手へ不安感を与えるようなつきまといをした場合は、6ヶ月の懲役または50万円以下の罰金に処されることになっています。

また、自治体によっては条例でしつこいナンパやつきまといを禁止している地域もありますので、ナンパ自体は良いのですが度を越してナンパをするのは控えた方が良いでしょう。
以上がナンパの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月8日)
質屋の日
ナンパの日

■明日は何の日?(7月9日)
ジェットコースターの日

■昨日は何の日?(7月7日)
小暑
七夕
カルピスの日
冷やし中華の日

スポンサーリンク



フォローする