7月9日は泣く日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

泣く日今日は何の日
7月9日の「今日は何の日?」は「泣く日」です。
また「泣く日」にちなんで「涙は感情によって味が変わる」「感動すると涙が出てくる理由」など涙にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

7月9日は泣く日

今回は「泣く日」について解説していきます!
なぜ7月9日が「泣く日」なのかというと、7月9日という日付が「7(な)9(く)」という語呂合わせであることが由来となっています。

この日については「泣くことで喜怒哀楽の感情表現の豊かさについて改めて考える日」だとされていて、泣くことによってストレスを解消しようという目的もあります。
それまでは我慢し続けていたことに対して、堪えきれずについつい泣いてしまうこともありますが、思いっきり泣くことによってかえって気分がすっきりことも多いですよね。

実は「泣く」という行為は人間にとって重要なものであり、ストレス解消以外にも免疫力を向上させる力もあるとされています。
特にストレス解消や免疫力向上に効果のあるものは「感動の涙」であり、意識的にこうした涙を流して健康になろうと「涙活(るいかつ)」というものが一時期話題になりました。

更に「涙活(るいかつ)」を医療や教育の現場で活用するための「感涙療法士」という資格も誕生し注目を集めました。
普段なかなか意識的に泣くことはないと思いますが、7月9日の「泣く日」には思いっきり泣くなどしてストレス解消をしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

涙の雑学

今回は「泣く日」にちなんで「涙は感情によって味が変わる」「感動すると涙が出てくる理由」など涙にまつわる面白い雑学を紹介します。

涙は感情によって味が変わる

人間はその時の感情によって悲しいという気持ちの涙、嬉し涙、悔し涙、など様々な種類の涙を流しますよね。
実は人間の涙の味は、涙を流している時の感情によって味が変わるって知っていましたか?

例えば悔し涙や悲しい時の涙については皆さんがイメージされているいわゆる「塩辛い味の涙」が流れてきます。
これは興奮状態に陥っている時に交感神経がよく働くことが原因で、交感神経が優位に働いている状態では涙の味を決めるナトリウムの濃度が上がることから、涙が塩辛くなっているんですね。

逆にうれし涙や感動した時に流れる涙については心身がリラックス状態となっているため、交感神経よりも副交感神経が優位に働きます。
そのことから涙のナトリウム濃度が上がらずにサラサラと水っぽくなり、薄い味の涙が流れるのでした。

感動すると涙が出てくる理由

普通は悔しい時や悲しい時に涙が出てくるものですが、あまりに嬉しいことや感動した時も涙が出てしまいますよね。
なぜうれしいときや感動した時まで涙が出てしまうのかというと、悲しい時と一緒で涙腺が三叉神経、交感神経、副交感神経などの刺激を受けるからなんです。

先ほど涙の味について解説しましたが、感情が高まることによってそれぞれの神経が活発に動きますが、もちろん感動した時も同じです。
落ち着いている状態は涙腺を刺激するような感情の高まりであったり、神経を刺激する何かがないため、当然ですが涙は流れてこないのです。

人間には「喜怒哀楽」という言葉があるとおり、それらの感情が大きく揺れ動くことによって涙腺が刺激されて涙が流れるように出来ているんですね。
以上が涙の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月9日)
ジェットコースターの日
泣く日
クジラの日

■明日は何の日?(7月10日)
納豆の日
ウルトラマンの日
イカの日
コッペパンの日

■昨日は何の日?(7月8日)
質屋の日
ナンパの日
果物の日

スポンサーリンク

注目記事

フォローする