7月10日は納豆の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

納豆の日今日は何の日
7月10日の「今日は何の日?」は「納豆の日」です。
また「納豆の日」にちなんで「納豆は腐ってるのになぜ食べられる」「何回混ぜるのが一番美味しい?」など納豆にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



7月10日は納豆の日

今回は「納豆の日」について解説していきます!
なぜ7月10日が「納豆の日」なのかというと、七(なっ)十(とお)で「なっとう」という語呂合わせが由来となっています。

「納豆の日」については関西納豆工業協同組合によって1981年に関西地域限定の記念日として制定された記念日となります。
しかし、その後には全国納豆協同組合連合会によって1992年に改めて「納豆の日」を制定し、全国の記念日となりました。

なぜ最初に関西納豆工業協同組合によって「納豆の日」が制定されたのかはわかりませんが、全国の納豆の消費量を見ていくと、東北、関東、北海道が納豆の消費量が高いのに対して、近畿、四国、中国地方といった地域では消費量が低い傾向にあります。
この事から、関西などの地域でももっと納豆の消費量を上げるために、納豆をPRしていくことが目的で「納豆の日」を制定したのではないかと推測できます。

納豆は健康にもいいですし、朝ごはんに納豆があるとなんだか落ち着く感じがしますよね。
普段納豆を食べないという人は「納豆の日」にぜひ納豆を食べてみてくださいね。

スポンサーリンク



納豆の雑学

今回は「納豆の日」にちなんで「納豆の雑学」を紹介します。

納豆は腐ってるのになぜ食べられる

納豆といえば「腐っている」というイメージがありますよね。
しかし、もし納豆が腐っているんだとしたら、なぜ元々腐っている納豆に消費期限が存在しているのか、そもそもなぜ腐っているのに食べても身体を壊さずに健康になれるのか、といった疑問が生まれます。

実は納豆が腐っているというのは誤解されているだけなんです。
納豆は腐っているのではなく、納豆菌を発酵させた食品なんです。

そのため、納豆はもともと腐っているから消費期限を過ぎていても大丈夫、などと考えている人もいますが、当然ながら味は落ちてきてしまいますし、本当に納豆が腐ってきてしまいます。
特に夏場などの暑い季節は納豆に含まれている菌の活動が活発になるため冬に比べて腐りやすくなります。

夏場は絶対に常温で保存しないで冷蔵庫で保存するようにしてください。

何回混ぜるのが一番美味しい?

納豆を食べる時にはタレを入れてからもちろんかき混ぜますよね?
納豆は混ぜれば混ぜるほど美味しくなるといわれていますが、何回混ぜるかは人によってこだわりがありますよね。

ほとんどの人は数十回程度かと思いますが、こだわりのある人は100回以上混ぜるといった意見もあります。
しかし、本当はいったいどれくらいかき混ぜれば美味しくなると思いますか?

実は納豆は約500回混ぜると一番美味しくなるそうです。
これはアンケートなどによって決まったものではなく、検証実験を行って科学的根拠があって「500回」という数値が算出されたそうです。

納豆を1回も混ぜない、50回、100回、200回、300回、400回、500回、600回混ぜる実験を行った結果、うま味成分の数値が最大限まで引き出されたのが500回という数値だったそうです。
しかし、美味しい納豆が食べたいといっても朝から500回も混ぜるのは苦行ですし、よほど時間に余裕がある時にしか試せない回数ですよね。

以上が納豆の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月10日)
納豆の日
ウルトラマンの日

■明日は何の日?(7月11日)
真珠記念日
世界人口デー

■昨日は何の日?(7月9日)
ジェットコースターの日

スポンサーリンク



フォローする