7月11日は真珠記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

真珠記念日今日は何の日
7月11日の「今日は何の日?」は「真珠記念日」です。
また「真珠記念日」にちなんで「真珠を取った後のアコヤ貝は食べられる?」「貝じゃなくても真珠は作られる」など真珠にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



7月11日は真珠記念日

今回は「真珠記念日」について解説していきます!
なぜ7月11日が「真珠記念日」なのかというと、1893年7月11日に三重県鳥羽町の御木本幸吉夫妻が、初めて真珠の養殖に成功したことが由来となっています。

養殖場を始めてから3年目のことだったそうで、半円形ではありましたが5粒の養殖真珠が収穫されました。
この3年間の間には家財を売り払うなど困窮した生活をしていましたが、やっとのことで努力が実を結んだのでした。

そして、現在のような円形の真珠を養殖することはとても難しく、円形の真珠の完成にはそれから13年の歳月が掛かり、1906(明治39)年にはようやく完成させることができました。
実は世界初の真珠の養殖に成功した御木本さんこそ、現在でも存在しているジュエリー専門店ミキモトの創業者だったのです。

御木本さんは故郷が天然真珠の獲れる伊勢志摩の海で育ちましたが、乱獲による天然真珠の減少をきっかけにして真珠の養殖に着手したんですね。
真珠の養殖に成功した後も天然真珠を生成するアコヤ貝の保護や、真珠の養殖に尽力したそうです。

スポンサーリンク



真珠の雑学

今回は「真珠記念日」にちなんで「真珠の雑学」を紹介します。

真珠を取った後のアコヤ貝は食べられる?

アコヤ貝は別名「真珠貝」とも呼ばれていて、真珠を取りだすために養殖されている貝となりますが、あまりアコヤ貝を食べるといった話は聞いたことがないですよね。
アコヤ貝の見た目はそれほど悪いわけではなく、カキに似ていることから食べられそうな感じはあるのですが、実は味はとてもまずいそうです。

味がまずいので当然市場に出回るわけもありませんよね。
やはりアコヤ貝は真珠を取るためだけに養殖されているのかというと、そうではありません。

実は身の部分はとてもまずいですが、貝柱については美味しく食べられるそうです。
他の貝の貝柱と同じで焼いて食べても美味しいそうですし、アコヤ貝の養殖を行っているような地域ではアコヤ貝の貝柱が特産品となっているところもあるそうです。

貝じゃなくても真珠は作られる

ここまでアコヤ貝の真珠について解説してきましたが、実はアコヤ貝以外の貝でも真珠は作られるんです。
アコヤ貝以外で真珠を養殖している例はたくさんあり「シロチョウガイ」「クロチョウガイ」やあの有名な「アワビ」にも真珠は出来るんです。

真珠とはそもそも人間などの生き物などにとっての「胆石」のようなものであり、そういった意味ではある意味人間の体内でも真珠は生成されているのです。
人間の場合は真珠(胆石)が体内に出来てしまうと痛みがはしるため手術をしなければいけないですけどね。

他にも例えば牛の真珠(胆石)については「牛黄」と呼ばれていて、主に強壮剤などに使われるそうです。
このように、体内で真珠(胆石)が生成される動物は貝に限ったことではないんですね。

以上が真珠の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月11日)
真珠記念日
世界人口デー

■明日は何の日?(7月12日)
人間ドックの日
洋食器の日

■昨日は何の日?(7月10日)
納豆の日
ウルトラマンの日

スポンサーリンク



フォローする