7月11日は世界人口デー、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

世界人口デー今日は何の日
7月11日の「今日は何の日?」は「世界人口デー」です。
また「世界人口デー」にちなんで「人口が5人しかいないワイ公国という国がある」「日本は100歳以上の人口世界一」など人口にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

7月11日は世界人口デー

今回は「世界人口デー」について解説していきます!
なぜ7月11日が「世界人口デー」なのかというと、1987年7月11日に地球の人口が50億人をこえたが由来となっています。

「世界人口デー」については国連人口基金(UNFPA)によって1989年に制定された記念日となります。
国連の組織によって制定されたもののため、日本だけで実施されている記念日ではなく、世界的に実施されている国際デーの一つとなります。

「世界人口デー」は「地球の人口が50億人をこえたことから、世界の人口問題への関心を深めてもらう」という事を目的として制定されたそうです。
50億人目の赤ちゃんが産まれた際には、国連がユーゴスラビア(当時)のザグレブまで駆けつけてデクエヤル事務総長が祝福し、50億人目だという認定も行われました。

その後も地球の人口は増え続けていて、1999(平成11)年10月12日には60億人を突破し、2011(平成23)年には遂に70億人を突破することとなりました。

スポンサーリンク

人口の雑学

今回は「世界人口デー」にちなんで「人口の雑学」を紹介します。

人口が5人の国がある

実は世界には人口が5人しかない国があるって知っていましたか?
その名もワイ公国という国でオーストラリアのシドニー郊外にあるモスマン市に存在しているそうです。

人口がたったの5人ということで、その人口の内訳は父母に、娘2人、息子1人で構成されているそうです。
以上の事からわかるとおり、オーストラリアに住んでいる一家が独立したことによってワイ公国が誕生したわけですね。

ポール・デルプラット氏によってワイ公国が誕生しましたが、建国した理由は意外なものでした。
自分の家の敷地内に道路がなく不便だったため、道路を敷くために行政へ申請を出していたのですが、行政のミスによって申請が却下されてしまい、いつまでも道路を敷くことが出来ませんでした。

そして、自分の家の敷地を自由にできないのは納得がいかないという理由で激怒し、オーストラリアから独立して遂にはワイ公国を建国したのです。

日本は100歳以上の人口世界一

現在の日本では少子高齢化が進んだ結果、深刻な超高齢化社会を迎えていますよね。
確かに街中を歩いていると、特に日中にはたくさんの老人を見かけて、昔に比べて公園で遊んでいる子供の数がはるかに少なくなったように感じます。

それもそのはず、なぜなら日本は100歳以上の人口が世界一多い国なんです。
医療がかなり発展していること、治安の良さ、日本独自の食文化、など様々な要因が重なった結果、いつの間にか日本は世界トップクラスの長寿大国になっていたのです。

この記録は2014年時点の記録となりますが、2014年時点で58,820人の100歳以上の方がいましたが、2016年には65,692人と更に増加しているため、2017現在でも世界トップクラスの長寿大国である事にかわりはないでしょう。
これで子供もたくさんいれば良いのですが、将来を担う子供たちが減っているというのが本当に深刻ですよね。

以上が人口の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月11日)
真珠記念日
世界人口デー

■明日は何の日?(7月12日)
人間ドックの日
洋食器の日

■昨日は何の日?(7月10日)
納豆の日
ウルトラマンの日

スポンサーリンク

フォローする