7月12日は洋食器の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

洋食器の日今日は何の日
7月12日の「今日は何の日?」は「洋食器の日」です。
また「洋食器の日」にちなんで「ソーサーの本来の使い方」「ソーサーの本来の使い方」など食器にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

7月12日は洋食器の日

今回は「洋食器の日」について解説していきます!
なぜ7月12日が「洋食器の日」なのかというと、七(な)一(い)二(ふ)で「ナイフ」という語呂合わせが由来となっています。

「洋食器の日」は日本金属洋食器工業組合によって2003年に制定された記念日となります。
日本金属洋食器工業組合によるとこの日を「洋食器の優れた機能や美しさ、その役割などを広くPRする」という事を目的として制定したそうです。

日本金属洋食器工業組合の事務局がある新潟県といえば米が有名であり、あまり知られていませんが金属洋食器の生産では日本国内のトップのシェアを誇っているんです。
日本国内で生産されている金属洋食器の約9割は新潟県で生産されているものなんです。

ちなみに、新潟県燕市では「洋食器の日」を記念して洋食器のイベントが開催されているそうです。
もし新潟県や新潟県の近郊に住んでいる、もしくは洋食器が大好きだという人がいましたら、新潟県燕市の洋食器の日のイベントについて調べてみてくださいね。

スポンサーリンク

食器の雑学

今回は「洋食器の日」にちなんで「食器の雑学」を紹介します。

昔は銀の食器で毒殺を防いでいた

食器には色々な種類のものがありますが、古代の中国や中世のヨーロッパでは銀の食器を使っていた時期があります。
それは、毒殺を防ぐための工夫だったのです。

現在ではあまり考えられませんが、当時は毒を使って暗殺を実行するケースがとても多く、食事に毒を盛られて暗殺されてしまった被害者は多かったそうです。
そこで考えられたのが銀の食器でした。

暗殺でよく用いられていた毒物は「硫砒鉄鉱(りゅうひてっこう)」と呼ばれるものであり、これが銀と触れることによって銀が黒く変色するため、料理に毒が盛られていたらすぐにわかるのです。
中世ヨーロッパでは皿に銀が使われていましたが、中国では箸の素材に銀を使っていたそうです。

楽しいはずの食事も命がけで行わなければならないなんて、現代に生まれて本当に良かったと思います。

ソーサーの本来の使い方

コーヒーや紅茶をカフェで注文すると、受け皿であるソーサーの上にカップが乗せられて運ばれてきますよね。
現在ではソーサーは飲み物がこぼれてもテーブルを汚さないような受け皿として使われたり、ティースプーンや砂糖、ミルクを乗せるのに使われていますよね。

しかし、本来のソーサーの使い方は全然違うって知っていましたか?
元々は熱々のコーヒーや紅茶を覚ますために、ソーサーにあえてこぼして冷ましてから飲んでいたのです。

これは18世紀頃のイギリスで行われていたもので、当時のヨーロッパの食器はほとんどが皿で、現在のように取っ手の付いたティーカップはほとんど無かったそうです。
取っ手のついていないカップを直接触ると熱いため、ソーサーにこぼしながら少しずつ飲んでいたのです。

この風習は20世紀初頭まで続いたそうですが、時代の変化とともに現在のような用途で使われるようになっていったのでした。
以上が食器の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月12日)
人間ドックの日
洋食器の日

■明日は何の日?(7月13日)
オカルト記念日
生命尊重の日
ナイスの日

■昨日は何の日?(7月11日)
真珠記念日
世界人口デー

スポンサーリンク

フォローする