7月14日はひまわりの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ひまわりの日今日は何の日
7月14日の「今日は何の日?」は「ひまわりの日」です。
また「ひまわりの日」にちなんで「ひまわりが太陽を追うのは若いうちだけ」「ひまわりは昔1本も生えていなかった」などひまわりにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

7月14日はひまわりの日

今回は「ひまわりの日」について解説していきます!
なぜ7月14日が「ひまわりの日」なのかというと、1977年7月14日に日本初の静止気象衛星「ひまわり1号」がアメリカのケネディ宇宙センターから打ち上げられたことが由来となっています。

静止気象衛星が「ひまわり」という名前であることにも由来があり、「ひまわり」と名付けたのは当時の宇宙開発事業団の理事長であった長島秀雄氏の意向でした。
なぜ「ひまわり」という名前なのかというと、ひまわりは常に太陽に向かって花を咲かせていて、時間の経過とともに花の向きが変わっていくことから、いつも地球の様子を見ている気象衛星の名前を「ひまわり」としたのでした。

これ以外にも、地球の衛星軌道上を一日をかけて一周することから「ひまわり」という意味も含まれています。
「ひまわり1号」については1989年6月30日に運用が終わりましたが、その後も気象衛星ひまわりは何度も打ち上げられて、2016年には「ひまわり9号」が打ち上げられました。

スポンサーリンク

ひまわりの雑学

今回は「ひまわりの日」にちなんで「ひまわりの雑学」を紹介します。

ひまわりが太陽を追うのは若いうちだけ

ひまわりは太陽の方向を追いかけて回ることから「日廻り」であることが名前の由来となっていますよね。
しかし、実際には成長して大きくなったひまわりは太陽を追いかけず、向きをあまり変えないって知っていましたか?

ひまわりがまだ花を咲かせる前や、まだひまわりの花が満開になっていない間は日光をたくさん浴びるために太陽を追って向きをクルクルと変えます。
しかし、完全にひまわりの花が開いて満開となってからは太陽を追いかける事はなく、一定の方向を向いたままほとんど動かなくなります。

ひまわりがある程度育ってくると一日中太陽の光を浴びる必要がなくなる事が理由だとされています。
植物なのに自分で考えて太陽の光を浴びる量を調節しているなんて、もしかするとひまわりは植物の中でも頭が良い部類なのかもしれませんね。

ひまわりは昔1本も生えていなかった

現在日本に咲いているひまわりは過去に輸入されて植生したものであり、そもそも昔の日本には1本もひまわりが生えていなかったって知っていましたか?
ひまわりは江戸時代に日本に輸入されたものであり、元々は「丈菊」という名前の花でした。

その後、元禄時代の頃に「ひまわり」という名前が広まっていきました。
このようにひまわりは海外からもたらされたものであるとおり、昔は世界の広くに分布している植物ではありませんでした。

初めてひまわりが発見されたのは16世紀のことであり、アメリカ大陸に上陸したコロンブスによって発見されたといわれています。
その後、ヨーロッパに持ち帰られることによってヨーロッパに広まった後には、中国へと伝わっていきました。

そして、冒頭で解説したとおりやがて日本にももたらされる事となりました。
以上がひまわりの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月14日)
ひまわりの日
求人広告の日
ゼリーの日

■明日は何の日?(7月15日)
ファミコンの日
ホッピーの日

■昨日は何の日?(7月13日)
オカルト記念日
生命尊重の日
ナイスの日

スポンサーリンク

フォローする