7月15日はホッピーの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ホッピーの日今日は何の日
7月15日の「今日は何の日?」は「ホッピーの日」です。

スポンサーリンク



7月15日はホッピーの日

今回は「ホッピーの日」について解説していきます!
なぜ7月15日が「ホッピーの日」なのかというと、1948年7月15日に麦酒様清涼飲料水「ホッピー」の製造販売が東京赤坂で開始されたことが由来となっています。

「ホッピーの日」についてはホッピービバレッジ株式会社によって制定された記念日となります。
ホッピーは元々はビールがまだまだ高価なものだったことを背景にして、ビールに代わる麦芽を使ったアルコール飲料を安価で提供するために作られたとされています。

ビールよりもホッピーを好んで飲む人も多く、アルコール度数が0.8%と低めになっているため酔いづらいため、ビールですぐに気持ち悪くなってしまう人にも人気ですよね。
また、ビールは飲みすぎるとプリン体が原因となって痛風を引き起こしてしまいますが、ホッピーはプリン体ゼロであり、低カロリーである事も魅力的ですよね。

焼酎で割って飲むのが一般的な飲み方ですが、他にも様々なリキュールと組み合わせて飲むと美味しいそうです。

スポンサーリンク



お酒の雑学

今回は「ホッピーの日」にちなんで「お酒の雑学」を紹介します。

記憶が無くても自宅に帰れる理由

気の知れた友人などとお酒を飲んでいると楽しくなってきてつい飲みすぎてしまい、気づいたら家のベッドで寝ていたなんて経験はありませんか?
飲み会の途中からの記憶が無く、帰宅した覚えもないのに何故か酔っ払っていてもちゃんと帰宅できるものですよね。

実は人間の脳の記憶には「短期記憶」と「長期記憶」というものがあります。
毎日同じ作業を反復して行ったりすると「長期記憶」として脳に保存されるのですが、自分の家の帰宅ルートに関しても毎日通勤と帰宅を繰り返すことによって長期記憶に定着するのです。

そして、例え飲み会で記憶を無くしてしまってもそれは「短期記憶」であり、「長期記憶」では覚えているため自宅へ帰ってくることができるんですね。
しかし、あまりにも飲みすぎて泥酔してしまった時などは、気づかずに他の人の家に上がりこんでしまうなどの事件も起こっているので注意が必要です。

ビールだけで7年間生きた人

お酒が好きな人の中でもビールが好きという人は、乾杯が終わった後もビールをそのまま頼み続けて、飲み会が終わるまでに10杯以上飲む人もいますよね。
毎日ビールが好きでビールを飲み続けるのもなかなか凄いですが、なんとビールだけを飲んで7年間生きた男いたそうです。

その男は昭和9年の3月9日に青森県で逮捕されて刑務所に収監された男でした。
この男は7年前に慢性胃炎にかかったことが影響して医者にはもう助からないと言われていました。

どうせ死ぬのであれば好きなだけビールを飲んで暮らそうとして、毎日のようにビールを飲んでいたのですが、逆になぜか胃腸の調子がよくなって、それから7年間は米などの食糧は一口も食べることなく暮らしてきたのでした。
そのため、刑務所に収監される際には朝ごはんにビールを要求したとされています。

以上がお酒の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(7月15日)
ファミコンの日
ホッピーの日

■明日は何の日?(7月16日)
虹の日
駅弁記念日

■昨日は何の日?(7月14日)
ひまわりの日
求人広告の日
ゼリーの日

スポンサーリンク



フォローする