7月23日はカシスの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

カシスの日今日は何の日
7月23日の「今日は何の日?」は「カシスの日」です。
また「カシスの日」にちなんで「イチゴは茎の部分を食べている」「キウイフルーツは商標名のはずだった」など果物にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



7月23日はカシスの日

今回は「カシスの日」について解説していきます!
なぜ7月23日が「カシスの日」なのかというと、7月23日という日付が二十四節気の一つである「大暑」にあたることが由来となっています。

二十四節気は何やら難しい言葉のように感じるかもしれませんが、一年間を二十四に分けることによって、より季節をわかりやすくしたものだと考えてもらえれば大丈夫です。
「大暑」は次の二十四節気である「立秋」までの期間であり、この時期には最も気温が上がって暑くなるとされています。

「暑中」という言葉がありますが、これは「大暑」から「立秋」にかけてを表す言葉だったんですね。
そして、カシスについてはこの大暑の時期に収穫される果実なんです。

「カシスの日」については日本カシス協会によって制定された記念日となります。
日本カシス協会によると「人々の健康に寄与するカシスへの関心を高めてもらう」ということを目的として「カシスの日」を制定したそうです。

この時期に収穫されるカシスは栄養が豊富であり、特にカシスポリフェノールについては末梢血流の改善に作用があるとされています。

スポンサーリンク



果物の雑学

今回は「カシスの日」にちなんで「果物の雑学」を紹介します。

イチゴは茎の部分を食べている

甘くておいしくて老若男女に愛されているフルーツ「イチゴ」についての雑学です。
日本でも様々な品種が作られるなど、人気の高い果物ですよね。

そんなイチゴなんですが、ほとんどの人に知られていないことがあり、それはなんと、普段はイチゴの実の部分だと思って食べているあの赤い部分は「イチゴの茎」なのです。
そして、イチゴのつぶつぶについてはイチゴの種だと思われていますが、あの外にびっしりついているつぶつぶの部分こそ「イチゴの実」の部分なんですね!

イチゴのあの赤い部分については「花托(かたく)」と呼ばれる部分となり、茎の先が大きく膨らんだものがあのようになっているんですね。
どうして茎の部分があんなに甘くておいしいのかというと、動物などに種と一緒に食べてもらい、糞として出てきてそのまま自生して数を増やすためであり、「偽果(擬果)」と呼ばれています。

また、果物として紹介してきたイチゴですが、バラ科の多年草に分類されているため、厳密にはスイカなどと同じで野菜の仲間になります。

キウイフルーツは商標名のはずだった

現在は当たり前のように「キウイフルーツ」と呼ばれている果物ですが、実は商標名となるはずだったもので、本来は違う名称だったって知っていましたか?
日本ではキウイフルーツのほとんどがニュージーランドから輸入されているものですが、そもそもキウイフルーツの原産国は中国なんです。

そのため、元々はチャイニーズグーズベリーと呼ばれていました。
ニュージーランドに持ち込まれたチャイニーズグーズベリーでしたが、ニュージーランドの国鳥であるキウイに似ていた事から、キウイフルーツという商標名で海外へと輸出しました。

そして、チャイニーズグーズベリーとしてではなく、キウイフルーツとして世界に広がっていきそのまま定着してしまったんですね。
キウイフルーツの原産国がニュージーランドだと思われているのもこれが原因となっています。

以上が果物の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月23日)
大暑
天ぷらの日
カシスの日

■明日は何の日?(7月24日)
劇画の日

■昨日は何の日?(7月22日)
下駄の日
ナッツの日

スポンサーリンク



フォローする