7月24日は劇画の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

劇画の日今日は何の日
7月24日の「今日は何の日?」は「劇画の日」です。
また「劇画の日」にちなんで「劇画と漫画の違い」「おにぎらずは漫画が元ネタである」など漫画にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



7月24日は劇画の日

今回は「劇画の日」について解説していきます!
なぜ7月24日が「劇画の日」なのかというと、1964(昭和39)年7月24日に青林堂が劇画雑誌「ガロ」を創刊したことが由来となっています。

劇画雑誌「ガロ」を創刊されたことにより、白土三平の「カムイ伝」を始めとして、水木しげるの「鬼太郎夜話」、つげ義春「ねじ式」などが登場し、大人向けの劇画ブームの拠点になったとされています。
当時の日本では漫画は子供が読むものというイメージが強かったそうですが、これをきっかけとして大人にも漫画が読まれるようになりました。

しかし、白土三平の「カムイ伝」が連載を終了したことから劇画雑誌「ガロ」の売り上げが徐々に伸び悩むようになっていきました。
経営状態がだんだんと悪化していき、連載作家の原稿料を支払うことができなくなった時期もあり、2002年をもって休刊することとなりました。

「ガロ」という雑誌名については、我々の路を進むということで「我路」が由来となってつけられた雑誌名です。
劇画雑誌「ガロ」がその後の日本のサブカルチャーに大きく影響を与えたことは間違いないといってもいいでしょう。

スポンサーリンク



漫画の雑学

今回は「劇画の日」にちなんで「漫画の雑学」を紹介します。

劇画と漫画の違い

今回は劇画について紹介してきましたが、そもそも劇画も漫画も同じもののように感じますが違いはあるのでしょうか。
先ほど「当時の日本では漫画は子供が読むもの」という書き方をしましたが、当時の漫画はどちらかというと本当に少年向けに描かれていたのです。

劇画というのはどちらかというとリアルな絵柄であったり、シリアスな場面が多いものであり、子供向けというよりは大人向けの漫画といった感じのものでした。
劇画が流行していたころには、漫画は子供が読む幼稚なものであって、劇画が大人の読み物であり新しい文化だといわれるような風潮もあったそうです。

そのため、昔は漫画といえば子供の読み物、劇画といえば大人向けの漫画、と区別がされていたようです。
現在では「とてもリアルで迫力のあるタッチの絵」という意味で劇画が使われるようになりましたよね。

おにぎらずは漫画が元ネタである

一時期にはおにぎらずが手軽に作れて美味しいことからとても話題になりましたよね。
そのおにぎらずなんですが、実は漫画が元ネタになっているって知っていましたか?

実は20年以上前から連載されていた「クッキングパパ」に登場するレシピが元ネタとなっているのです。
クッキングパパの22巻に収録されている第213話「超簡単おにぎり おにぎらず」で既におにぎらずという食べ物のレシピは存在していたんですね。

これはクッキングパパの作者の奥さんが作っていたものが漫画化されたもので、作者自身にとっても今頃ようやくこの美味しさが伝わったのか、というのが正直な感想のようです。
もしかすると、今後流行する料理についても過去の料理漫画を参考にしたものが登場するかもしれませんね。

以上が漫画の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月24日)
劇画の日

■明日は何の日?(7月25日)
夏の土用の丑の日
かき氷の日
うま味調味料の日

■昨日は何の日?(7月23日)
大暑
天ぷらの日
カシスの日

スポンサーリンク



フォローする