7月25日はかき氷の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

かき氷の日今日は何の日
7月25日の「今日は何の日?」は「かき氷の日」です。
また「かき氷の日」にちなんで「かき氷は平安時代から食べられていた」「かき氷のシロップは全て同じ味」などかき氷にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

7月25日はかき氷の日

今回は「かき氷の日」について解説していきます!
なぜ7月25日が「かき氷の日」なのかというと、七(な)2(ツー)五(ご)でかき氷のかつての名前「なつごおり」(夏氷)という語呂合わせが由来となっています。

また「かき氷の日」が制定された当時は、山形市が記録した最高気温40.8℃が日本の最高気温記録となっており、この気温を記録した日付が7月25日であった事も由来となっています。
しかし、2017年現在では2013年に記録した高知県四万十市の41.0℃が最高気温記録となっています。

「かき氷の日」については日本かき氷協会によって制定された記念日となっています。
ここ数年で一気にかき氷の人気が高まりましたよね。

かき氷専門店が都内にたくさん出来てきていますし、天然氷を使用した高級なかき氷なども登場していますよね。
実際にこの時期にはアイスクリームなどの濃厚な味のするものよりも、かき氷や氷菓の売り上げが好調になるそうです。

まだまだ暑い日が続く時期ですが、なんとかかき氷で暑さをしのぎたいですね。

スポンサーリンク

かき氷の雑学

今回は「かき氷の日」にちなんで「かき氷の雑学」を紹介します。

かき氷は平安時代から食べられていた

現在でも夏にはかき氷が定番でしたが、実はかき氷は意外にも歴史が古くて、少なくとも平安時代には食べられていたことがわかっています。
枕草子の一節に「削けずり氷ひにあまづら入れて、新しき金まりに入れたる」というものがありますが、これは「削った氷にあまづらというシロップをかけて、金まりという食器に入れた」という意味になりますよね。

これは完全にかき氷のことだと推察できますし、それを食べていたのは枕草子の作者である清少納言だということがわかります。
しかし、宮中など身分の高い人はかき氷を楽しんでいたのかもしれませんが、かき氷は庶民には手の出せない高級なものでした。

そもそも今では簡単に冷凍庫で氷を作れますが、平安時代に氷を手に入れることは至難でした。
かき氷が一般的に手軽に楽しめるようになったのは冷凍技術が発達した近代になってからのことなんですね。

かき氷のシロップは全て同じ味

かき氷には様々な種類の味があるためなかなか飽きがこないですよね。
しかし実は違う味だと思って食べているかき氷ですが、使われているシロップによっては全て同じ味だって知っていましたか?

市販されているものでお祭りの屋台などで売られているイチゴやメロン、ブルーハワイといったシロップは実は色が違うだけで全部同じ味なのです。
成分を確認してみるとわかりますが、果汁などは一切使われておらず、違うのは着色料と香料だけなんです。

そのため、目をつぶって食べると味は全て同じとなるんですね。
なぜ違う味に感じてしまうのかというと、目から伝わった色の情報が脳に伝わることによって脳が錯覚を起こして、それぞれを違う味と認識してしまうからなんです。

人間の舌って以外といい加減だということがわかりますよね。
以上がかき氷の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月25日)
夏の土用の丑の日
かき氷の日
うま味調味料の日

■明日は何の日?(7月26日)
日光の日
幽霊の日
夏風呂の日

■昨日は何の日?(7月24日)
劇画の日

スポンサーリンク

フォローする