7月26日は幽霊の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

幽霊の日今日は何の日
7月26日の「今日は何の日?」は「幽霊の日」です。
また「幽霊の日」にちなんで「幽霊に足がない理由」「イギリスには幽霊保険がある」など幽霊にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



7月26日は幽霊の日

今回は「幽霊の日」について解説していきます!
なぜ7月26日が「幽霊の日」なのかというと、1825(文政8)年7月26日に江戸の中村座で四世鶴屋南北作「東海道四谷怪談」が初演されたことが由来となっています。

東海道四谷怪談(通称『四谷怪談』)とは、夫民谷伊右衛門に毒殺された四谷左門の娘お岩の復讐話で、江戸の町に実際に起こった事件をモデルとして作られた怪談となります。
このような怪談の公演が江戸時代から行われていた事は意外ですよね。

特に「四谷怪談」については「皿屋敷」「牡丹燈籠」と共に「日本三大怪談」ともされています。
江戸時代以降についても、明治時代には当時の欧米で流行していたスピリチュアリズムの影響を受けて、怪談ブームが到来することとなりました。

それから100年以上経った今でも夏といえば怪談という人も多く、この時期にはテレビでも怪談が放送されることが多いですよね。
夏の暑い時期ですから怪談でも聞いてヒヤッとしているのも楽しいかもしれませんね。

スポンサーリンク



幽霊の雑学

今回は「幽霊の日」にちなんで「幽霊の雑学」を紹介します。

幽霊に足がない理由

日本に登場する幽霊は足が無くて空中をふわふわと浮遊しているイメージがありますよね。
外国の幽霊は足がついていないなんてことはないのですが、どうして日本の幽霊だけ足がついていないのでしょうか。

これは人間が死んでしまった後の思想の違いからくるものだとされています。
日本は古来より人間が死ぬと仏になるなど神様になると信じられ、逆に諸外国ではそもそも人間は神様によって創られたため、死んでも神様にはなれないと考えられています。

このような考えの違いから、日本は死んでしまったら人間ではない存在になるという事を表現するために、幽霊には足をつけないように描くなど普通の人間とは異なる姿で描かれました。
幽霊には足をつけないように描くことを実践していたのは、江戸時代に活躍した「円山応挙」という画家だったのですが、当時は歌舞伎を演じるのにも幽霊は足がないものだとされていて、さらに有名な画家まで幽霊の足を描かなかったことから、庶民の間では「幽霊=足のないもの」のイメージが完全に定着したのです。

この江戸時代に定着したイメージの名残りが現代にまで残っているんですね。

イギリスには幽霊保険がある

いざという時のために安心できる仕組みとして保険制度がありますが、実はイギリスには幽霊に関係する「幽霊保険」というものがあるんです。
オカルト好きの人は知っているかと思いますが、実はイギリスは幽霊大国として知られているんです。

幽霊スポットはイギリス内に数百か所存在しており、一部のオカルトマニアは幽霊に会いたいがためにイギリスを訪れることもあるそうです。
実際にイギリスでは数々の幽霊の仕業による超常現象が発生しているようで、そこで始まったのが「幽霊保険」なのです。

どんな保険内容なのかというと、幽霊の被害にあって怪我をしてしまった時などに保険が降りるそうです。
しかし、普通に考えて保険を降ろすためには幽霊によって怪我をしたことの証明をしなければならないのですが、一体どうやってそれを証明するんでしょうね・・・。

以上が幽霊の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月26日)
日光の日
幽霊の日
夏風呂の日

■明日は何の日?(7月27日)
スイカの日
ニキビケアの日

■昨日は何の日?(7月25日)
夏の土用の丑の日
かき氷の日
うま味調味料の日

スポンサーリンク



フォローする