7月28日は乱歩の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

乱歩の日今日は何の日
7月28日の「今日は何の日?」は「乱歩の日」です。
また「乱歩の日」にちなんで「長い作品も小説なのはなぜ?」「吾輩は猫であるはもともと違う題名だった」など小説にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



7月28日は乱歩の日

今回は「乱歩の日」について解説していきます!
なぜ7月28日が「乱歩の日」なのかというと、1965年7月28日が小説家である江戸川乱歩の命日であることが由来となっています。

江戸川乱歩という名前は小説家としての筆名であり、アメリカの推理作家である「エドガー・アラン・ポー」にちなんで名乗っていたそうです。
本名については「平井太郎」という名前でした。

主に推理小説を得意としていた小説家であったので、推理小説が好きで普段から本を読んでいる人は一度は江戸川乱歩の作品を読んだことがあるのではないでしょうか。
江戸川乱歩が活躍した時期は大正から昭和初期のころであり、江戸川乱歩が日本の推理小説というジャンルを確立させたといっても過言ではなく、様々な作品を世に送り出してきました。

江戸川乱歩の作品は漫画化されたものも多く、少年少女向けの探偵小説である「少年探偵シリーズ」は藤子不二雄によって描かれたこともあります。
パーキンソン病などを患ってしまったのにも関わらず、それでも最期まで執筆活動をやめることはなかったそうです。

スポンサーリンク



小説の雑学

今回は「乱歩の日」にちなんで「小説の雑学」を紹介します。

長い作品も小説なのはなぜ?

小説という言葉を見て不思議に思ったことはありませんか?
短編ならまだわかりますが、長編などの長い文章も「小説」といいますよね。

実はこの「小」という漢字については、小説の長さが関係しているではないのです。
小説という言葉の由来については、元々は中国で生まれた言葉となっています。

元々は現在のような意味で使われているような言葉ではなく、国王に国で起こった出来事やトピックなどを伝えるためのものであり、これを「稗史(はいし)」と呼んでいたそうです。
この稗史(はいし)が小説という言葉の語源とされており、稗史(はいし)が国民の中で話されている伝説や噂話、説話だったことから「取るに足りないもの」や「価値のないもの」といった考えとなり、これが「小説」という言葉を生んだのだとされています。

「小」は話の長さではなく「取るに足らない小事」というところからきているということですね。

「吾輩は猫である」はもともと違う題名だった

夏目漱石は世に様々な名作小説を生みだしてきましたが、その有名タイトルの中に「吾輩は猫である」というものがありますよね。
実は「吾輩は猫である」についてはあとから変更されたもので、元々は違うタイトルにしようとしていたって知っていましたか?

「吾輩は猫である」の主人公の「吾輩」のモデルとなったのは夏目漱石に飼われていた野良猫なんですが、この猫には名前が無く、最初はこの猫の物語を「猫伝」というタイトルで出版しようとしていたそうです。
しかし、小説家の高浜虚子が物語の文章の最初が「吾輩は猫である。名前はまだない」で始まることから、「吾輩は猫である」にすることを提案しました。

そして、結局は「猫伝」ではなく「吾輩は猫である」が採用されることになったのでした。
以上が小説の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月28日)
菜っ葉の日
乱歩の日
なにわの日

■明日は何の日?(7月29日)
アマチュア無線の日
福神漬の日
白だしの日

■昨日は何の日?(7月27日)
スイカの日
ニキビケアの日

スポンサーリンク



フォローする