7月29日は福神漬の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

福神漬の日今日は何の日
7月29日の「今日は何の日?」は「福神漬の日」です。
また「福神漬の日」にちなんで「漬物とお新香の違い」「カレーライスに福神漬けを添える理由」など福神漬けにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

7月29日は福神漬の日

今回は「福神漬の日」について解説していきます!
なぜ7月29日が「福神漬の日」なのかというと、福神漬の名前の由来である七福神から、七(しち)二(ふ)九(く)で「しちふく」という語呂合わせが由来となっています。

「福神漬の日」については福神漬、総菜、調味料などの製造・販売している食品メーカー「株式会社新進」によって制定制定された記念日となります。
福神漬には夏バテを防止する作用があるため、この暑い日が続くシーズンに福神漬を食べることによって夏バテを防いでもらいたいという目的で制定された記念日です。

福神漬はカレーライスの付け合わせとしては王道の食べ物ですよね。
小さなころは漬物があまり好きではなくあまり好まれない福神漬ですが、大人になってからはカレーライスには欠かせない添え物になりましたよね。

カレー屋に行った時などに福神漬が無料で食べ放題になっていた場合にはつい欲張ってたくさん食べてしまう人もいるのではないでしょうか。
まだまだ暑い日か続く時期ですので、福神漬などをしっかり食べて夏バテしないように夏を乗り越えたいですね。

スポンサーリンク

漬物の雑学

今回は「福神漬の日」にちなんで「漬物の雑学」を紹介します。

漬物とお新香の違い

漬物は日本人のソウルフードといっても過言ではなく、定食などを注文して漬物が添えられているとなんだか嬉しい気分になってしまいますよね。
そんな漬物ですが、漬物のことを「お新香(おしんこ)」と呼ぶことがありますよね。

この漬物とお新香に違いはあるのでしょうか。
実はお新香とは「新しい香り」という漢字が使われているとおり、漬物の中でもまだ漬けられてから日の浅い漬物の事を指す言葉なんです。

確かに漬物でも長時間つけられたものに比べて浅漬けの方が野菜などの新鮮な香りがしますよね。
そのため、漬物とお新香については、漬物が総称であってお新香は漬物の種類の一つということになりますね。

あまり知られていない雑学なので、ぜひ漬物を食べる時にでも披露してください。

カレーライスに福神漬けを添える理由

福神漬けといえばカレーライスの添え物というイメージがありますが、昔はそもそもご飯のお供とされていました。
ご飯のお供だったものがなぜ現在ではカレーライスの添え物としての地位を得ているのか、気になりませんか?

福神漬けがご飯のお供として食べられるようになったのは明治時代からとされており、当時の福神漬けは缶詰に入っていた事から長期間にわたって保存が出来て、船旅などの長旅で重宝されていたそうです。
そして、船内食としてお客さんにカレーライスが振舞われることがあったそうですが、一等客船のお客には福神漬けが添えられるようになり、二等客船や三等客船のカレーライスにはたくあんが添えられたそうです。

結果として、カレーライスに福神漬けという組み合わせは高級なものだというイメージがつきました。
その後、カレーに高級感を出すために有名ホテルなどで利用されるようになり、カレーライスに福神漬けが定番になっていったとされています。

以上が福神漬けの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月29日)
アマチュア無線の日
福神漬の日
白だしの日

■明日は何の日?(7月30日)
プロレス記念日
梅干の日

■昨日は何の日?(7月28日)
菜っ葉の日
乱歩の日
なにわの日

スポンサーリンク

フォローする