8月1日は洗濯機の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

洗濯機の日今日は何の日
8月1日の「今日は何の日?」は「洗濯機の日」です。

スポンサーリンク



8月1日は洗濯機の日

今回は「洗濯機の日」について解説していきます!
なぜ8月1日が「洗濯機の日」なのかというと、同日である8月1日が「水の日」であることが由来となっています。

「洗濯機の日」の情報について探してみましたが、誰が何を目的として制定した記念日なのか、いつごろから存在している記念日なのかなど、情報がほとんど見当たりませんでした。
もし「洗濯機の日」についてご存じの方がいれば当サイトまでご一報頂ければ幸いです。

日本に電気式洗濯機が輸入されたのは1922(大正11)年のことだったそうです。
その頃の洗濯機はもちろん洗濯と脱水の両方を行うことができないため、洗濯機と脱水機は別々のものでした。

洗濯機が登場するまでは洗濯板を使ってゴシゴシと洗濯物を洗っていたわけですが、実は世界ではイギリスが既に1691年には洗濯機の特許を取得していました。
もちろん電気式の洗濯機ではなかったのですが、当時の日本がまだ江戸時代だったことから考えると、相当日本は技術力で遅れをとっていたことがわかりますよね。

今回は「洗濯機の日」の日について紹介してきましたが、洗濯機自体も使い続けると汚れが溜まってしまうため、この日を機会にして洗濯機の掃除をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



洗濯の雑学

今回は「洗濯機の日」にちなんで「洗濯の雑学」を紹介します。

生乾きの洗濯物が臭う理由とは?

洗濯機を部屋干ししている時や洗濯物を洗濯機の中に放置してしまった時など、気になるのが生乾き臭ですよね。
特に湿気の多い時期などは部屋干しによる洗濯物の臭いがかなり鼻につきますよね。

あの臭いの原因は実は菌が繁殖するために発生している臭いなんです。
洗濯物を洗う時にはもちろんお湯を使うかと思いますが、脱水をかけたばかりの服は適度な湿気と温度の高さが保たれているため、菌にとってはかなり繁殖しやすい環境になっているんですね。

菌の増殖を防ぐためには、洗濯が終わった瞬間にすぐに干してしまうことや、干すときには湿気の溜まらないような場所に干しておく、湿気がこもらないように扇風機などで風を送ったりするとよいでしょう。

ダウンジャケットは軟式ボールと一緒に乾燥する?

あまり知られていないクリーニングについての雑学を紹介します。
ダウンジャケットは自宅の洗濯機ではあまり洗濯できないので、冬が終わるとクリーニング屋にだして洗ってもらいますよね。

全てのクリーニング屋で共通している訳ではないんですが、実はダウンジャケットを洗って乾燥させる時に、一緒に野球で使う軟式ボールを入れている店があるのです。
実はダウンジャケットは洗濯する段階で中に詰められている羽毛に偏りが出来てしまうんです。

羽毛に偏りが出来たままお客さんに返却する訳にはいかないので、乾燥させる時に軟式野球ボールを一緒に入れておくと、様々な角度からダウンジャケットにボールが当たって、羽毛の偏りを直してくれるんですね。
もしお家で洗って乾燥させる時にはぜひ試してみてくださいね。

以上が洗濯の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(8月1日)
水の日
洗濯機の日
パインの日

■明日は何の日?(8月2日)
ハーブの日
パンツの日
カレーうどんの日

■昨日は何の日?(7月31日)
パラグライダー記念日
蓄音機の日
こだまの日

スポンサーリンク



フォローする