8月3日はハサミの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ハサミの日今日は何の日
8月3日の「今日は何の日?」は「ハサミの日」です。

スポンサーリンク



8月3日はハサミの日

今回は「ハサミの日」について解説していきます!
なぜ8月3日が「ハサミの日」なのかというと、八(は)三(さ・み)で「はさみ」という語呂合わせが由来となっています。

「ハサミの日」については美容家で山野学苑創設者の山野愛子が「針供養」に倣って「ハサミ供養」を提唱し1978年から実施している記念日となります。
この日には使えなくなったハサミの供養が行われるそうです。

ハサミ供養について調べてみましたが、2016年には東京芝の増上寺でハサミ供養が行われたそうです。
ハサミ供養は「山野学苑」が事務局となって開催されているそうで、この日には美容関係者だけではなく、たくさんの人が参加をして賑わいを見せました。

ハサミはどの家庭にとっても生活に欠かせないアイテムですよね。
ハサミが壊れることはなかなかありませんが、長年使い続けたハサミが壊れて使えなくなってしまってもそのまま捨てるのは忍びないという人がいるのではないでしょうか。

関東圏にお住まいの方はぜひハサミ供養に参加してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



ハサミの雑学

今回は「ハサミの日」にちなんで「ハサミの雑学」を紹介します。

ハサミの切れ味を復活させる方法

ハサミをずっと使い続けていると当然ですが切れ味が落ちてきてしまいますよね。
これはハサミが様々な物を切ってきたがために汚れてしまっていることだったり、またはハサミが錆びてきてしまっているためなんですね。

実はそんなハサミの切れ味を簡単に復活させてしまう方法があるんですがご存じですか?
その方法は切れ味の悪くなったハサミで重ねたアルミホイルを切るという方法です。

アルミホイルを切り終わったらそのハサミで別の物を切ってみて欲しいんですが、アルミホイルを切った前よりも切れ味が復活しているはずです。
これはアルミホイルを切った際に、アルミホイルの細かい粒子が刃こぼれしたハサミの刃を修復してくれるため切れ味が復活しているんですね。

切れ味の悪くなったハサミをお持ちだという人はぜひ試してみてください。
しかし、完全に新品のような切れ味に戻るわけではなく、さらに切れ味が長時間持続するわけではないので、その場しのぎの方法として覚えておいて頂ければと思います。

ガラスはハサミで切れる

ハサミといえば紙や布を切る用途で使われるものですが、実はガラスも切る事が出来るって知っていましたか?
もちろん板ガラスなどを紙のような感覚でちょきちょき簡単に切れてしまうわけではありません。

空中でガラスを切ろうとしてもハサミの刃の圧力によって割れてしまいますが、実は水中であればハサミを使ってガラスを切る事ができるんです。
実際に水中でガラスを切っている検証動画については探せばたくさん見つかります。

なぜ水中ならばハサミでガラスを切ることが出来るのかというと「ケモメカニカル効果」というものが起こっているからなんです。
ガラスというものは酸素とシリコンが結びつくことによって構成されていますが、水には酸素とシリコンの結びつきを切る効果があります。

空中で切ろうとすると酸素とシリコンの結びつきが強すぎてガラスが割れてしまうんですが、水中では「ケモメカニカル効果」によって結びつきが弱くなっているため、ハサミでガラスを切ることが出来るんですね。
以上がハサミの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(8月3日)
ハサミの日
はちみつの日
ハモの日

■明日は何の日?(8月4日)
箸の日
橋の日
ビアホールの日

■昨日は何の日?(8月2日)
ハーブの日
パンツの日
カレーうどんの日

スポンサーリンク



フォローする